アクセスランキング 青葉賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

青葉賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

青葉賞2020回顧




オーソリティ

青葉賞1着。インコースを上手く利して最短経路かつ先手を通って、最高の競馬をしていた。序盤少し推したけど、この程度では掛からない様で折り合い面でほぼ問題ない所は確認できた。道中は少し噛んだけど肘で御せていたし、問題ない範囲と思う。

直線は思い切って大外に持ち出して追い遅れ気味になったけど、上りの速い勝負で先に仕掛けた2、3着馬をキッチリ競り落としての勝利で強い内容だった。

ダービーでもロスのない騎乗に拘れれば、或いは。




ヴァルコス

青葉賞2着。追って出して行くも前と離された。やはり大型馬特有のズブみはありそう。道中で順位を上げる作戦をチョイスしている事からもそう思う。4角も明らかに早仕掛けで直線入口でフル鞭が入っているなど、エンジンの点火に鞍上が苦労していた。早め早めに動く競馬でも最後まで伸びており、地力の高さを示した。

器用さを身につけてオンオフをキチンと出来る様になれば化けてきそう。

フィリオアレグロ

青葉賞3着。序盤ある程度手控えたのは掛かる気配が出るのを恐れてだと思う。この分で道中はオーソリティの後方進む後手競馬にはなったけど、この馬の折り合いから考えたら想定の範囲内だと思う。手控えた分もあって、2400mでもほぼ問題なくこなせていたと思う。

直線はオーソリティが外に張ってくれたおかげで目の前がガラっと開いて、そこを突く最高の競馬になっていた。馬も手前を替えて抜きに掛かるなどかなり本気で走れており全力は出し尽くしたと思う。最速上りだし、あれで交わされたのであれば上2頭が更に強かったという事だろう。

ダービーに来ても十分華を添えられると感じた。

フライライクバード

青葉賞8着。他馬を気にする傾向が強い馬でこのフルゲートで揉まれて慌てた分、消耗してしまったみたい。府中2400m特有の1角進入で各馬殺到する所でかなりテンパっていた。終始ハミ抜けするところも無く、4角までガツっと噛んでいたし、これでは終いが使えなかったという事だろう。現状、頭数が多いとこんな負け方になるんじゃないかな。

メイショウボサツ

青葉賞5着。出遅れてしまいハラを括って後方で待つ競馬になった。上りの速い勝負になったし、出遅れがかなり響いたいたね。4角早めに動いて直線勝負を挑むも、早めに動いた分も相まって好位組を捉え切れず。ただそれでも掲示板は確保していたし、五分のスタートならと思った。毎回、結構良い脚を使えているし、この馬は地味に強いと思うよ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする