アクセスランキング 天皇賞春2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

天皇賞春2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

天皇賞春2020回顧




フィエールマン

天皇賞春1着。去年より折り合いはかなりついていたし、この馬であれだけ冷静に運べれば終い伸びるのも当然だろう。残り1000m付近で大きく動いたミッキースワローを追撃せず、自分の競馬に徹して切れ脚を引き出す、文字通りの横綱相撲。結果的に最後、スティッフェリオが思ったより頑張ったのか、ムチを多少温存しすぎかな?と思う所あったかな。多少余力は残して勝っているし、やはり強いと感じた。




スティッフェリオ

天皇賞春2着。最初の直線でギリギリ折り合いをつけて回れたのが大きいと思う。馬自身も行きたがる寸前、ジョッキーもこれ以上ハミを抑えたら掛かると言う一線の上をやりきった。向こう正面では落ち着いていたし、最短経路を通って最高の競馬が出来ていたと思う。

最後もう0.1秒ムチを温存していればってのはあるけど、結果論だし11番人気の2着なら上等だろう。器用なこの馬らしい競馬をしていたと思う。

ミッキースワロー

天皇賞春3着。前半バカついたけど、馬群に入れるとこうなる馬。最初の直線で上手く下げて影響の少ない外に出せたのは良かった。残り1000mの標識から一気に動いた所を見ると、仕掛け所は決めていたみたい。あれだけ早く動いても最後手前を替えて加速しようとしていたし、相当強い所は見せた。

切れに乏しい脚質だから最後の決め所で差が出たけど、よく粘ったと思う。距離はやはり少し長かったかも。

ユーキャンスマイル

天皇賞春4着。インで伸びていたけど、終い100m位の所で陰った。通ったコースは最短経路だったし、無駄は無かったんだけど、スタートから最初の直線で噛む所が出ており、出力が上がっていたのが響いたんだと思う。この馬がハミの遊びを無くすなんてのは本当に珍しい。

元々、長距離でもハミをブン投げて走れる鉄壁の折り合いがあるから鋭い脚を繰り出せていた所があり、それが序盤崩れた分で最後少し足りなくなった印象が残った。

キセキ

天皇賞春6着。最初の直線でスイッチが入ったのが致命的になったのは衆目の一致する所だろう。ありゃ、馬が最後の直線と間違えて早合点してスパートに行っていたね。武騎手もここでなだめるのは分が悪いと判断してそのまま行かせたけど、オーバーペースで3200mを逃げ切れるほど甘いメンバーでは無かったと言う事だろう。

最後は燃料切れで止まったし、やはり折り合いが全て。この馬らしい負けにはなった。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする