アクセスランキング 京都新聞杯・プリンシパルS2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都新聞杯・プリンシパルS2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都新聞杯・プリンシパルS2020 回顧




ディープポンド

京都新聞杯1着。アドマイヤビルゴをマークして中団で折り合って運べた。勝負所でアドマイヤが外に張り出してコーナーの好位を開けてくれた分、ロスなく回れた。追って良く伸びての勝利ではあるけど、追ってからの初速がもう一つでスピード感がもう一つだった。ダービーで上位に割って入るのは厳しいかもしれないな。




マンオブスピリット

京都新聞杯2着。外枠故に後方になった感はあるけど、それにしても構えていたね。今まで負けた新馬戦を除けばほぼ後方待機だし、これまでの戦術を踏襲した形のレースになった。馬混みを気にするとか、あるのかもね。

終いで上手く追い込めただけに、もう少し序盤から位置が取れていれば、と思える内容だった。後方待機は狙っていた感じだったし、こういうキャラの馬なんだろう。

ファルコニア

京都新聞杯3着。相変わらずゲート内での駐立が悪く、出負けしての競馬になった。道中も併走馬を気にして掛かった感じで消耗の多そうな競馬をしていた。川田騎手は道中位置を上げて、絶対本命のアドマイヤビルゴのイン隣につけたのは見事な積極策だったと思う。

4角加速した所で前の馬に乗りに行く形勢になってしまい、減速したのは響いただろう。トータルで見てそれほどキレイな競馬にならなかったのにこの着順なら地力は示している。ゲートが改善すればかなり良くなりそう。

アドマイヤビルゴ

京都新聞杯4着。単勝1倍台前半に支持され、陣営・鞍上とも自身があったのか、4角早めに動いた上に外々を通る超安全策で押し切りに行った。結果直線で止まってしまっての4着なのでまぁ、結果的に実力を過信していたという事だろう。挑戦者としてロスを省いて乗れば相応に走ったと思う。そう感じる程にムダを出す騎乗だった。次からはオッズも落ちるだろうし、積極策に出やすくなったんじゃないかな。

ビターエンダー

プリンシパルS1着。元々共同通信杯でも勝ちに等しい競馬をしており、地力は高い馬だと思う。道中大半の馬が抑えて運ぶスローになった分、インの前目にいたのが幸いした部分もあるけど、ムチを大分温存して一気に伸びての勝利は評価できる。折り合いもつく馬だし2400mのダービーでも立派に戦える馬だと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする