アクセスランキング 京王杯スプリングカップ2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京王杯スプリングカップ2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京王杯スプリングカップ2020 回顧




ダノンスマッシュ

京王杯SC1着。レーン騎手が掛からせるのも恐れず序盤からダッシュさせてハナに立った神騎乗が光った。府中1400mはスタート後すぐにコーナーだからあれで行き切れないとチグハグになって吹っ飛ぶ場合が多いだけに、あの度胸ある騎乗は素晴らしかった。

手綱を引いた所で馬が減速していたのは見て取れたし、噛みながらも折り合いがついた分、ペースを落として馬場も味方につけて優位に運べた。

初めての逃げで直線フワつかないかな?と思ったけど、ここは心配無用でちゃんと手応え通り伸びた。スムーズに行けた分、本来の実力が出せたね。次は安田記念?分からないけど、ここで行かせたのは前哨戦としてはNGな部分もあるから、そこだけ心配だね。




ステルヴィオ

京王杯SC2着。隣の枠にいたダノンスマッシュが一気にハナに行った分、マークをするためにこの馬も素早く前に出られた。追い切りでは折り合いのキツさを感じたけど、レースでは今まで通り折り合うね。好位で進められたけど、直線では実力差からダノンスマッシュを捉え切れず2着まで。序盤にダノスマにリードをつけられたのが最後に響いた。

グルーヴィッド

京王杯SC3着。インの枠から先手を取って進めた。前週のNHKマイルカップでデムーロ騎手が先手を奪って成功していたから、同じ作戦をチョイスして大胆に乗り易かったのはあったと思う。終い一弾け足りなかったけど、ここは実力差だろう。デムーロ騎手も上位2頭に抜けれた所で諦めて上手く3着を固めに入っていた。今後も重賞主力視は危険だけど、圏内の対象ならば。

タワーオブロンドン

京王杯SC8着。なぜか道中で掛かってしまった。ルメール騎手が背中を後傾させて抑えていたけど、こういう光景自体が珍しい。追い切りでもハミを強めに噛んでいたからどうかな、と思ったけどレースでも出たね。

あれではタメが作れないし、直線で弾けないのも止む無し。最後は手前を左に戻して止まってしまった。キレイなレースを作るこの馬の競馬ではなかったね。

レッドアンシェル

京王杯SC11着。少し掛かる程度で、内でこの馬なりに上手く運べたと思う。直線も余力があったように見えたけど、内ラチと前にいた馬との間を抜けようとして厭う感じが出て止まってしまった。バテ止まりには見えなかった。気質的な所が敗因だったと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする