アクセスランキング オークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

オークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

オークス2020 回顧




デアリングタクト

オークス1着。ここまでさんざん前有利が立証されている馬場状態にも関わらず中団に手控えて自分の競馬で横綱競馬に挑んだ。馬群れで少しカリカリしていてスムーズさはもう一つと感じたけど、能力が高い分か、この程度の消耗でも脚がそこまで減っていなかったみたい。

最後の直線は包まれたけど、松山騎手が全く同日勝ち筋を見出そうと待っていたのには脱帽。内が開いた所を一気に追って突き抜けてきた。桜花賞同様に馬が手前を替えて勝ちに行っており、ここでも人馬が助け合いながら素晴らしいファイトを見せた。

三冠も当然視野。今の一線級と勝負付けを済ませた以上、夏に勢力図がどれだけ変わるかにも注目だね。




ウインマリリン

オークス2着。ノリさんにしては珍しく決め打ちをせず、じっくり構えながらの競馬だった。スタート~1角までは様子見で行けるなら行こうと言う気配で無理出しはしていなかった。途中から好位をとれると判断した様子で、1角進入直前から出して行き先団へ。

道中見ててもさすがに折り合いはつくね。この距離はバッチリこなせていたと思う。各馬デアリングタクトを警戒したのか4角は仕掛けの早い戦いになったけど、最内の先手を取っている分構えて消耗を抑える事が出来た。

直線は自分のタイミングで追ってあわやだったけど、最後はデアリングに交わされて敗北。もっとやけっぱちに乗れば可能性は生まれていたかも知れないけど、まずベストは尽くしたと思う。

ウインマイティー

オークス3着。スタートから推す事なく先手のインを回れて、その分折り合いもついた。元々折り合いはかなりつく方だし、あれだけスムーズな序盤なら尚の事と言う事だろう。最後の直線はウインマリリンよりムチを早めに使った分で余力を先に無くして、最後は返された。

デゼル

オークス11着。デアリングタクトを後方でマークする事には成功するも、向こう正面で何かに怯み運びがアタフタしてしまった上に、位置取りを下げる所が出た。あそこで運びが怪しくなった分、終いが繰り出せず坂で止まってしまった。キャリアの浅さが出たか。

クラヴァシュドール

オークス15着。内枠を利して先手に出して行き、この馬らしく折り合えた。終始無駄の一切ない競馬だったし、実力負けというか完敗じゃないかな。2400mをこなせていなかった印象で、坂でバッタリだった所を見ると距離が長かったのかも。意外に短い所に向いているのかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする