アクセスランキング 日本ダービー2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

日本ダービー2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

日本ダービー2020 回顧




コントレイル

日本ダービー1着。内枠から無理なく先手を取れたし、ペースも落ち着くなどハマり要素も大きかった。この流れに自然に乗れるテンの良さ、折り合いの良さがあってこそなせる業でもあるし、ファインプレーを必要としない地力の高さに脱帽。

4角で全く追わずで、他馬と手応えが違ったしここで勝ったと思った人も多い筈。後は後ろを警戒しながら前をギリギリで交わすだけ、と言うところまで持ち込んで福永騎手が後方のサリオスを完封して締めた。ムチもほぼ本気で使っていないし、まだまだ8分位の追いと言った所。底見せしていない分、期待は更に広がるね。




サリオス

日本ダービー2着。外枠で様子を見ながら出して行った上に、1角まででインに潜れず、結果外の後方からという不利な位置取りになってしまった。序盤から行かなかった所を見ると、折り合いを警戒したのかな。後方になったなりにキチンと我慢して走ったけど、4角も外で回ったし、ロス無しの先手だったコントレイルから更に突き放された。

けっこう大味に回って、直線だけの競馬でダービー2着なら大したもの。乗り方から察するにもう少し短い距離の方が安心できるんだろうと感じた。

ヴェルトライゼンテ

日本ダービー3着。コントレイルに近い位置で折り合いはまずつけて運べたと思う。ペースも落ち着いて良い位置取りになったし、恵まれた部分は大きかったと思う。

4角でコントレイルが隣にいたのに外に逃げたのは池添騎手らしからぬ所だった。あそこでコントレイルから離れて外に行ったらロスを被って届くワケがないからね。勝負を他馬がいない方が伸びるとかあるのかな。確かに気性の良さそうな馬ではないけども。

サトノフラッグ

日本ダービー11着。外枠で後方待機を選択。ペースがスローになった時点で厳しかったけど、そこから更にマイラプソディにまくられてた所で掛かってしまったの痛かった。直線追ってから速度乗り出来ず、他馬に寄られたりして満足に加速できなかった。ムチが入ってからは伸びていたし、折り合いさえつけばまだまだ見込める。

ワーケア

日本ダービー8着。内枠からコントレイルの背後をマークして折り合いをつける競馬。結果的に少し後ろの位置になったけど、全般見ればソツなく乗ったんじゃないかなと思う。直線は良い所で手前を加速していたし、道中の折り合いも万全に見えた以上、力は出し切っただろう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする