アクセスランキング 【鳴尾記念2020】出走馬紹介  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【鳴尾記念2020】出走馬紹介  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

トリコロールブルー、パフォーマプロミス、ラヴズオンリーユー、レッドガラン、レッドジェニアル




鳴尾記念2020の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ

トリコロールブルー

アンドロメダS3着。4角回して3着ならまずまずだと思う。どうしても一脚足りない所があって切れないけど、末脚は持っているし折り合いもまずまずな分、確実性もある。他馬がヘグればチャンスありだろうけど、完全地力となるとどうか。

パフォーマプロミス

2019年の天皇賞春3着。末脚がパッとしない馬で決め手は重賞では不足感がある。折り合いはつく馬だしキレイに回って直線どこまで他馬に来られないか。やはり有力所が力を出して来ると厳しいと思う。




ラヴズオンリーユー

ヴィクトリアマイル7着。デムーロ騎手らしく先手に行こうとガンガン推しいった。ただ、馬が元々キビキビ動くタイプでもないし、休み明けの分もあってか行き切れなかった。推したせいで掛かってしまったし、先手もとれずチグハグにはなってしまった。末脚はかなりあるので、このメンバーでメドを。

レッドガラン

新潟大賞典6着。後方からでも前からでもそれなりに見せ場が作れるので、流れはほぼ不問と言えるのはある程度頼もしい。前走は直線目一杯に追ったけど、途中で止まったね。重賞のペースにやられたのか、馬場だったのか分からないけど、もう一つなのはどのレースでもそう。




レッドジェニアル

大阪杯8着。凶悪なメンバーを相手に持ち前の中団から差し込む競馬で良く戦った。終いも34.5秒と使ったし、鞍上もロスを一切省いた勝ちにこだわる騎乗で見事だった。あの感じで、タメを極限まで作れればここでも十分に勝目はあるハズ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする