アクセスランキング 安田記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

安田記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

安田記念2020 回顧




グランアレグリア

安田記念1着。流れたペースで中団で折り合った。この馬は3歳までは中団で折り合う事自体が出来なかった分で自滅を繰り替えていしたけど、今は本当に馬が成長したね。タメが作れればこれだけの末脚が使えると言う事だろう。各馬推して推しての流れる競馬になったのも味方した。

アーモンドアイを凌ぐためか400mから早々に勝負に行った池添騎手の判断も見事だった。




アーモンドアイ

安田記念2着。出遅れは痛手だった。ペースが流れた分、推して推しての競馬になってしまいタメを作る間が無かった。それと推した分、ちょっと掛かっていたね。4角で手応えがいつも通りではないと感じたし、ぬかるんだ馬場も加速を阻んだかも。

勝馬が強かったとは言え、アーモンドアイにしては不発感が残る一戦だった。タメられなかったのがほぼ全てじゃないかな。

インディチャンプ

安田記念3着。直線で馬群を捌いている間に、先にグランアレグリアにアクセルを踏まれたのが差につながった。ただ、終い止まり掛けていたし、先に動けていてもどうだったかな。

ペースを読んで下げた福永騎手の判断は上手かったと思うし、ロスの無いコース取りも完璧だった。実力は十分出し切ったと思う。

アドマイヤマーズ

安田記念6着。出が良かった分とアーモンドアイ対策なのかグイグイ前に行かせたけど、ぬかるんだ馬場もあったか脚の減りが速い展開になってしまい、4角でかなり追いが入るほど余力を無くしていた。前は全滅したレースだし、それで6着なら巻き返しは出来るだろう。

ダノンキングリー

安田記念7着。折り合いを欠いていたし、追い切りで感じたのと同様、ハミの収まりがおかしく御せていなかった。馬がイヤイヤ走っていた感じだったね。直線入口で余力が無かったけど、最後は内からアドマイヤに少し張り出された所でヤル気を喪失してスピードダウン。テンション的に走れる状態とは感じなかった。気難しい馬だけに立て直せるか。

ダノンスマッシュ

安田記念8着。逃げの決め打ちに出るもハイペースで飛ばす結果になってしまった上に、手綱を持った所で折り合いも欠いてしまった。セイウン・アドマイヤ・ミスメロ前に来てしまい、スンナリの逃げと言うワケにはいかなかった。決め打ちなだけに、逃げ競り合いになったらそれまでだったね。思い切りよく乗って、ハイペースでよく8着に残したと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする