アクセスランキング 【函館スプリントS2020】出走馬紹介 1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【函館スプリントS2020】出走馬紹介 1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アリンナ、アンブロジオ、エイティーンガール、グランドボヌール、シヴァージ、スイープセレリタス




函館スプリントS2020の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ

アリンナ

バーデンバーデンC1着。中団差し込みの馬で、上りは毎回結構上位。末脚を示し続ける以上、今回も中団から活路を見出して来るだろう。1200m戦でも折り合いをつけてタメから脚を発揮してくる馬で、前回同様前が崩れるならチャンス。狙い易い馬と感じる。

アンブロジオ

バーデンバーデンC2着。この馬も中団から競馬を作るクチだけど、アリンナに比べると末脚の弾けは今一つ。前回は前を捌くのに時間が掛かった分、勝馬に遅れたけど五分の展開で追えていれば勝ちも有り得た内容。少し警戒必要かも。




エイティーンガール

鞍馬S3着。シルクロードS(2着)でもそうだけど、追って一気の脚が魅力で仕掛け所一つ。平均位の流れなら十分届く脚力を持っており、ここも注目。直線の短い上にフルゲートになりそうな函館は合わないと思うがどうか。

グランドボヌール

オーシャンS4着。短距離戦でも先手が取れる分は強み。ただ、前回は折り合いを欠いて伸びあぐねており、そういう気配が出ていたのはどうか。ただ、今までのレースでそう感じたのは無かったのでまず気にしない事にはする。




シヴァージ

高松宮記念5着。ゲートは出るけどその後は遅くて後方になる。前走はスローの後方から最速上りで5着まで上げており、これまで脚力を示した来た所とも相まって頼もしい。芝の崩れやすく直線の短い函館で持ち味が活きるイメージはないが、どうか。

スイープセレリタス

晩春S1着。中団からジリ伸びの勝利で、余力感は無かった。重賞でとなるとあの脚力ではどうだろう。それと初の1200m戦でスピード感を持って立ち回れるイメージがない。まず様子見で良いと思った。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする