アクセスランキング 【函館スプリントS2020】出走馬紹介  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【函館スプリントS2020】出走馬紹介  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ホープフルサイン、マリアズハート、ミキノドラマー、メイショウショウブ、ライトオンキュー




函館スプリントS2020の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ

ホープフルサイン

船橋S15着。ちょっと噛みはしたし、外枠故のコースロスもあったけど、それにしても負けが込んだ。ここの所先手からパッとしないレースが続いているし、ここもどうかな。

マリアズハート

春雷S2着。スタートが悪く後方になるけど、直線だけで決め切れるほどの豪脚も持っており、注目したい馬。ただこういう後手を踏みがちな馬を函館で検討するのはちょっと厳しいと思う。一気に踏み込む分、馬場がはがれやすい函館では速度の減殺も喰らいそうだし、舞台がどうか。




ミキノドラマー

韋駄天S11着。中団待機で脚が使えないレースが多いので、ちょっとどうか。粘るでもキレるでもない馬だし、ちょっと上昇が見出しづらいと思う。テンションから距離だけは合ってるのでは。

メイショウショウブ

ポラリスS15着。逃げて一杯の惨敗。ここ3戦二桁着順で見込みが立ちづらい。ハナまで比較的スムーズなのは良いと思うけど、芝のスプリント戦でもそこまで優位に立ち回れるかもかなり疑問。




ライトオンキュー

京阪杯1着。末脚鋭く、重賞でも決めてくれるは心強い。出遅れやすい馬だから過度にはアテにしづらく、オッズ次第では遠慮なく切り。右回りでは直線で手前を替えないのもマイナス視。個人的には積極視しづらい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする