アクセスランキング ユニコーンS・函館スプリントステークス 2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

ユニコーンS・函館スプリントステークス 2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

ユニコーンS・函館スプリントステークス 2020 回顧




カフェファラオ

ユニコーンS1着。ハイペースの中、飛ばし続けて折り合いを失いながらも、終いで尚突き抜ける圧巻の勝利。序盤はレッチェバロックを警戒してくっつきに行ったね。オーバーペース気味だったのは2頭ともだったけど、この馬は共倒れにならず突き抜けた。強いね。

出して行った分、折り合いを欠いてはいたし、引き続き御しにくさはネックとなりそうだけど、この地力なら相当楽しみ。




デュードヴァン

ユニコーンS2着。出遅れから出して行こうとするも途中で見切りをつけてタメに出た。このデムーロ騎手の判断が大きく当ったね。とにかく前に馬がいると一気に行ってくれる馬だし、追い込みは極端にしても差し込みの競馬が合っている。2着ではあったけど、勝馬が強すぎたし、この馬も内容を確り見せたし、今後もかなり楽しめそう。

レッチェバロック

ユニコーンS9着。迷わず逃げに出るもペースが速くなってしまい、最後は持たなかった。ルメール騎手もそう思ってた様に見受けたけど、能力がとにかく高い馬だから、飛ばしても終いで尚…と思ったのかも。厳しい流れでのタレ負けとなると、あまり大きく見込むのもかわいそうなのかなと思った。

ダイアトニック

函館SS1着。トップハンデ58㎏の斤量でもスンナリ先手に行けており、能力の違いを見せつけた。紛れの多い函館でもあの3番手の位置なら呑まれる事もないし、ここの所見せていた立ち回りの上手さを発揮できたと思う。最後の最後はまた手前を内側に戻す所が出ており、このクセで接戦を落としているので引き続きここは警戒。

今回は能力差が開いていて、抜け出して後続が来なかった分楽勝になったけど、メンツが厳しくなると最後の手前替えは引き続き気になるね。

ライトオンキュー

函館SS6着。普段のタメ競馬を捨てて、勝馬をマークしに行った判断が裏目に出た。タメが作れなかった分4角で消耗分が来て苦しくなり結果的にチグハグなレースにはなってしまった。それでもダイアトニックの勝ちっぷりからすれば、最大限に警戒した乗り方は挑戦的で良かったと思うし、離れてタメて差せなかったとも思うと、喰らい付く選択自体も支持できる。自分の競馬をすればもっとやれたハズで引き続き期待。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする