アクセスランキング 【宝塚記念2020】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【宝塚記念2020】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アドマイヤアルバ、アフリカンゴールド、カデナ、キセキ、クロノジェネシス、グローリーヴェイズ




宝塚記念2020の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ

アドマイヤアルバ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F84.0 5F67.0   4F52.0   3F38.2 1F11.9

メトロポリタンS8着。上りの勝負で後方になったのもあったけど、それにしても脚力パッとせず着を上げられなかった。あの走りではまずこのメンバーには太刀打ちできないと思うよ。

ちょっと馬が加減しているのか、併せても追っても気勢が乗り切らない。動いてはいると思うけど、もっと自分からやれても良いのではと感じる水準。

22点

アフリカンゴールド

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

6F80.9 5F65.2   4F51.4   3F38.6 1F12.5

目黒記念11着。切れ脚が無く外から早め気味のロングスパートで勝負してくる。超スローで息が持てば少しは可能性があるだろうけど、まともではどうか。

手前が替わっておらず、直線入ってもあまり沈まないし、追っても特にグンっと行くところが無かった。時計はシンドくない感じで出ているから悪すぎとは思わないけど、この淡泊な動きでどこまでやれるか。

25点




カデナ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.1 3F38.1 2F24.9 1F12.6

大阪杯4着。外枠から素早くインに入れて4角も外張りは一切考えずに果敢にインを突いた。タメを作れれば伸びはする馬だし、一か八かで相当上手く乗ったと思う。ここも同様の開き直った騎乗ならある程度までは。

コンマ1秒時計が遅かった様子。左手前で駆ける馬なだけに、右手前に替えた所で少しフワっとしたね。左の時は一蹴りで結構進んでいる様だし、この馬の動きとしてはまず上等じゃないかな。右回りなら問題ないと思う。

64点

キセキ

栗東 坂路 良 水曜日  単 一杯

4F51.1 3F37.4 2F24.8 1F12.7

天皇賞春6着。最初の直線でスイッチが入ったのが致命的になったのは衆目の一致する所だろう。武騎手もここでなだめるのは分が悪いと判断してそのまま行かせたけど、オーバーペースで3200mを逃げ切れるほど甘いメンバーでは無かったと言う事だろう。今回も折り合いが全てのレースにはなると思う。無観客は絶対プラス。

時計バテなのか、最後は止まっていた。これでガス抜きして落ち着きに繋がれば。極端な前傾時計だし、まず逃げてくるだろう。スタートも警戒すべきだし、課題山積なのは事実。

30点




クロノジェネシス

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F82.2 5F66.2   4F51.5   3F37.8 1F11.8

大阪杯2着。やはり序盤で掛かりそうな気配は出たけど、向こう正面では折り合いをつけて運べた。ラッキーライラックをマークしつつ、ダノンキングリーを目標に上手い道中だった。4角で早めに動いて外に出した分、インでタメに徹していたデムーロ騎手とラッキーライラックに跳ね返された。

相変わらず噛んで折り合い不安がよぎる馬。それでレースで結構噛んでも終いは伸びるし、大きく気にしなくても多分大丈夫。前走同様、レース途中で折り合えばチャンスはあると思う。まず平行線だろう。

70点

グローリーヴェイズ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F65.2   4F50.6   3F37.2 1F12.3

香港ヴァーズ1着。日本での直近走は京都大賞典(6着)では外枠からインに入れられず、追い切り時にも感じたけどハミを噛んでしまった。今まで完璧に近い折り合いを見せてくれていたのに意外だったね。序盤噛んだ分で終いに脚が残らなかった印象。タメが作れれば終いは使える馬だし、スムーズな競馬に期待。

気勢が高い感じで、少し噛んでるね。ここの所、折り合いが以前ほどではないし、少し気性が荒くなってきてるかもね。もしタメが作れなければ正直それまでの馬だと思うので、この気配では積極視できない。

39点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする