アクセスランキング 【宝塚記念2020】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【宝塚記念2020】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

サートゥルナーリア、スティッフェリオ、ダンビュライト、トーセンカンビーナ、トーセンスーリヤ、ブラストワンピース




宝塚記念2020の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ

サートゥルナーリア

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.1 3F38.1 2F24.9 1F12.6

金鯱賞1着。ゲート直後に躓いてガクっとなった所でハミが当たったハズだけど、レースは終始落ち着いていた。勝ちに行った馬がいなかった分、直線で相手を射程距離に入れて、8分の追いで十分交わせた。折り合いさえつけばこれ位の芸当も朝飯前の馬。休み明けの方が落ち着く馬だし、間隔を開けているのは好感。

気持ちが普段より昂っている上に、ハミとのコンタクトが取れておらず気持ちが急いて四肢だけになっている。今までは涼しい顔で鬼のような時計を出して来る馬だったけど、この気配はどうか。今一度折り合いを気にする必要があるかも。自滅に繋がらなければ良いけど…。

68点

スティッフェリオ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F52.0 3F38.0 2F25.1 1F13.0

天皇賞春2着。最初の直線でギリギリ折り合いをつけて回れたのが大きいと思う。馬自身も行きたがる寸前、ジョッキーもこれ以上ハミを抑えたら掛かると言う一線の上をやりきった。向こう正面では落ち着いていたし、最短経路を通って最高の競馬が出来ていたと思う。

完全に目一杯でこの時計だと、このメンバーでは見劣りする。レースが上手い分でカバーは幾らか効くだろうけど、決め手不足の中でどこまで。

50点




ダンビュライト

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F51.4 3F37.4 2F24.5 1F12.5

天皇賞春9着。3200mで初めて逃げの手に出る挑戦的な騎乗。確かに折り合いはついてまずこなした感じで走破していたし、掛かり易い気性の馬として面白いレースをしていたと思う。中途半端に乗っても絶対結果は出ないから、今回も前回同様チャレンジブルなレースで盛り上げて欲しい。

追い切りは毎回時計を出すので、これ位は駆けるでしょう。昔の猛然とした気配は吹き飛んで、この時計でも顔に緩さが見えたのは好感。去勢がほどほどに良い方向に出ている様に見えるね。この状態なら前に出しても折り合えるだろうし、妙味ある競馬を期待。

80点

トーセンカンビーナ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F52.8 3F38.1 2F24.3 1F12.1

天皇賞春5着。ほぼ確実に出遅れる馬で後方競馬を前提に検討したい。ただし、末脚は重賞やG1でも魅せられるほど強烈なのでノーマークにはできない。馬場が渋ってタメに徹せられる競馬の方が味が出そうだけど、どうか。

馬なりでこれだけ駆ければ文句なし。前の馬を追って自然なリズムで軽い息遣いで走っているし、かなり良く見える。スタートさえ五分なら面白いと思うんだけど、スタートはまず期待できないからどこまで巻き返せるか。追い切りと出遅れは関係ないからね…。

84点




トーセンスーリヤ

美浦 南W 良 水曜日  単 強め

5F64.7  4F49.9   3F37.2 1F12.3

新潟大賞典1着。先手から押し切りにいく競馬が基本戦術だけど、流石にそれだけではここはどうか。直線入って後続が来ない事を願うのみだけど、そんな奇跡はそうそう起こらないだろう。

他馬のいない時間に単走で確りだから、まず逃げる。単走でも追ってきちんとハミを取っているし、気勢は十分。これに他馬との兼ね合いが入ると大分変ってくるだろうけど、まず追い切りの動きは良いと思うよ。

78点

ブラストワンピース

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F68.1  4F52.1   3F37.6 1F12.1

大阪杯7着。外に出して後方になったのは脚質的な部分もあるからある程度仕方がない。4角マクりに来た事からも分かる通りキレ脚は決して持っておらずジリ脚のロングスパートを使うには外に出すしかなかった。さすがに後方になりすぎたのと、スローで早めに脚を使っていった分終い垂れてしまった。

四肢だけの走りだけど、それは毎日杯の時からそうだし今さら気にしない。時計を出してはいるけど、シンドそうなツラ構えだったのが割と気になる。これ以上のお釣りがあったように見えないし、今はここまでか。

63点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする