アクセスランキング 【ラジオNIKKEI賞2020】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【ラジオNIKKEI賞2020】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

パンサラッサ、ビバヴィットーリオ、ベレヌス、ルリアン




ラジオNIKKEI賞2020の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ

パンサラッサ

栗東 坂路 不良 水曜日  単 馬なり

4F53.0 3F38.8 2F25.3 1F12.7

1勝クラス1着。ホープフルSの時くらいからぶっ飛ばし体質の馬で気持ちの良い逃げが打てる。結構なペースで飛ばしても終い末を失わない体力があるし、ここは面白い。能力は見込めるし思い切り良く乗れる脚質だし、楽しみ。

単走の軽め気味で53.0秒を出せるなら速いと思うよ。終いでヤメるところは相変わらず出ていたけど、レースではそこまでそういう気配は出していないし気にしない。逃げ馬が多い中で行き切れるかも重要。

79点

ビバヴィットーリオ

美浦 南P 良 水曜日  併せ 馬なり

5F68.7  4F52.7   3F38.2 1F11.9

国分寺特別3着。逃げ競り合いになってしまい、スローではあったけど結構道中消耗した様に見えた。物見勝ちに見えるけど、最後の直線で交わされかけてから手前を替えて伸び返しており、能力的に見込める。単騎でスムーズに行ければ。

やはり追い切りでもヘッドが高く、それに伴ってストライドが縮み気味になっている。追い切りでは併せて競っている風ではなかったし、脆さのある動きに見えた。

41点




ベレヌス

栗東 坂路 不良 水曜日  単 馬なり

4F55.4 3F39.8 2F25.3 1F12.7

ひめさゆり賞1着。逃げの作戦に打って出て見事に大穴を開けて見せた。今まで手控え気味だったレースが多かった分、行きっぷりはもう一つだっただけに、立て続けの逃げでテンが速くなっていれば前進も。勝っている以上、もう一度逃げてくるんじゃないかな。

口ムキが安定しない分、ハミを取っておらず追って伸びない。この手の馬特有のクセがあるのかな。時計も見映えがしないし、見送りで良いかも。

29点

ルリアン

栗東 坂路 不良 水曜日  単 馬なり

4F53.4 3F38.4 2F24.9 1F12.2

1勝クラス1着。2勝連勝中ではあるけど、追ってキレないし、時計もトボい。強いかと言われると相手関係でたまたま勝ててるのかな、と思ってしまう。ここの2勝馬のなかではやや見劣るね。

何かに驚いて逃避態勢に入ってしまい最後は速くなった。思ったような調整にはならなかっただろうし、息の入りが乱れるだけ調整としては逆効果。レースでは普通に走ってるし、あそこで慌てたのは必要以上には気にしない。

38点










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする