アクセスランキング 【CBC賞2020】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【CBC賞2020】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ノーワン、ミッキースピリット、ラブカンプー、レッドアンシェル、ロケット




CBC賞2020の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ

ノーワン

栗東 坂路 不良 水曜日  併せ 一杯

4F52.3 3F38.3 2F25.1 1F12.7

阪神牝馬S13着。後方追走→そのまま不発で終わるのが常で、見込みが立ちにくい。前走はスローペース故に馬群のキレ目が出来ず、インから突破して来れなかったけど、逆に道中流れたら体力的に苦しくなるはず。そう考えるとどスローからの一撃の方がまだ見込みが立つ。

フットワークをバラけさせずに時計を出しており、思ったより全然良く見える。最後の200mは止まったけど、馬場に落ちていたゴミ?に驚いて飛び越えてのものだし、気にはならない。あのまま負えていれば52.1秒はそれほど苦も無く出しただろうし、思いの他面白そう。

79点

ミッキースピリット

栗東 坂路 不良 水曜日  併せ 一杯

4F51.9 3F38.2 2F25.3 1F12.9

朱雀S1着。イン突きを上手くモノにしての僅差勝ちで、あれ以上のパフォーマンスはちょっと期待しづらいかも。これまでの勝ちを見ても、末脚がメチャクチャあると言うワケではないし、まずは様子見かも。

終始緩みのない時計で重馬場だった分、最後は止まった。ご愛嬌で良いだろう。ハミにモタれるガックンしたフォームが特徴で、これだと前脚が沈み過ぎて速度が減殺しそう。好馬場でやらないとモタつきそうに見えた。

61点




ラブカンプー

栗東 坂路 不良 水曜日  併せ 一杯

4F55.9 3F40.2 2F25.7 1F12.8

韋駄天S7着。スタートは良いし、短距離でも前に行けるけどただそれだけの馬。4角で既に気乗りしなくなってくるし、これまでずっと二桁着順の惨敗を繰り返しているし、見込みのはムリだろう。

終いだけ時計を出させたが、それでも速度乗りしていないしかなり馬がくたびれて来ている印象。ブリンカーをいつのまにか着ける様になったけど、これは合いそう。少しでも気休めになればよいけどね。

1点

レッドアンシェル

栗東 坂路 不良 水曜日  併せ 馬なり

4F54.4 3F39.5 2F25.5 1F12.6

京王杯SC11着。インで直線萎えた感じはあった。全馬が33秒台を使うレースでバテてたハズは無いので、好位から直線下がったのであれば、周りを気にしたとか外部要因だろう。気難しい馬なのでアテにしづらい。周囲に馬がいない方が当然良い競馬が出来るだろうけど、そう上手く行くか。

54.5-39.5-25.5-12.5と人工的な時計を抑えながらの馬なりで消化しているし、陣営の思惑の範囲内だろう。もう少しハミ抜けして走れば良いんだけど、この馬のそれは期待できない。まず良いテンションじゃないかな。

68点




ロケット

栗東 坂路 不良 水曜日  併せ 強め

4F53.7 3F38.2 2F24.7 1F12.4

安土城S7着。周りをかなり気にしているし、単騎の競馬と馬群の競馬では大きく違ってくるだろう。特に周囲に馬がいると追って速度乗りしないのでかなりスペックが落ちる。単騎で行けそうな枠でも競られると脆いタイプだろうし、接戦が見込まれるなら切り。

鞍上がずっと右向けて走っていたな。正面向かせたらガッと行く馬に多いけど、そういう馬って大概ラチ際走らせて壁を作るから折り合い対策とも思えない。まぁ妥当に考えたら追ったら内に入るんだろうな。レースでは見られないからあまり心配はしないけど。一応最後まで動けているし、動き自体はそれなり。

66点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする