アクセスランキング 【七夕賞2020】出走馬紹介 2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【七夕賞2020】出走馬紹介 2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

グローブシアター、ジナンボー、ソールインパクト、ノーブルマーズ、パッシングスルー、バレリオ




七夕賞2020の出走馬紹介2/3 by アラシ

グローブシアター

大阪城S8着。ハイペースになると読んだのか、いつもの好位を最初っから捨てて後方に待機した。これが裏目に出て4角で後方外と言ういかんともし難い位置関係になってしまった。必死に追い上げも8着まで。14番人気から良く戦ったとは思うけど、普段の好位の方がやはり味が出せそう。

ジナンボー

大阪杯6着。折り合いに注意が必要な一頭ではあるけど、最近は以前より我慢が利く様になっており、戦術に幅が出て来た。地力自体は今回のメンバーの中では一番高いと思うし、スムーズに行けば。どうしても集中力を欠く場合が多くアテにならない所はある。




ノーブルマーズ

目黒記念4着。先行力のある馬で、そこから前に行って折り合いもバッチリつく。一時は勝負所で進まず頼りない所がでてたけど、ここ3戦、不十分とは言え勝負に行く動きは見せており復調傾向にある。このメンバーなら久々に面白い。




パッシングスルー

マリーンC9着。中央では愛知杯7着が直近走。愛知杯では重馬場で早めに畳みに行った分、終いでタレた。序盤の位置取りが後方だったのかな。池添騎手の事だから勝ちに行ったという事だろうけど、これが裏目に出た。逆にタメに徹して自分の競馬をしていればもう少し上はあったかもと言う所は念頭に置きたい。

バレリオ

メトロポリタンS2着。中団の内目に待機して脚を十分にタメられたと思う。最後は33.4秒と使ったけど、前を捉えられなかった。ただ、勝ったウラヌスチャームもスローの前目で相当な粘りを見せており、あそこは勝馬を褒めるべきだろう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする