アクセスランキング 中京記念・函館記念2020 回顧【元馬術選手のコラム】

中京記念・函館記念2020 回顧【元馬術選手のコラム】

中京記念・函館記念2020 回顧




メイケイダイハード

中京記念1着。後方待機の外差し組が決まる展開に上手く乗れていたとは思う。酒井騎手が細かくハミを入れ替えていた所を見ると掛かってはいたんだろうけど、暴走まではいたらず何とか制していた感じだね。イン前で進んでいた馬がみんな脚を取られて止まっていたし、それに乗じての勝利と言う感は強いね。




ラセット

中京記念2着。これまで通りの後方待機策で後方インでハラを括って展開の助けを待つ騎乗。上手くイン前が崩れる展開になりドハマりしていたね。丁寧にコーナーでインを回って直線は外に出す、騎乗そのものはメチャクチャ上手かったと思う。最後、外国人騎手バリに直線の開きを狙ったけど開かず。でもまぁ、あの辺は運も必要だから…。

もしまとも捌けていれば勝ち負けまで持ち込んでいただろうし、まずは会心の騎乗だったと思う。

エントシャイデン

中京記念3着。若干の出遅れはあったけど、後方が決まったレースだしむしろプラスに働いたと思う。道中~コーナー~4角とイン側に入れた判断がこの馬場で裏目に出たね。外枠を活かして馬場が良い所を通っていれば違った気もするけど、それは結果論。

毎回上りはちゃんと使っている分、遠慮なくタメを選ぶ事が出来、変に先手を主張する事がない分、展開がハマれば大きい。毎回人気より上に来る馬だし、今後も注目出来そう。

ケイアイノーテック

中京記念4着。勝馬追走で結果的にみたら外の絶好位で競馬をしていたんだけど、4角での進出・直線のエンジンの掛かりがやはり遅く、勝馬に遅れた。最後伸びての4着だからスムーズに反応していれば全然違ったハズなんだけど、エンジンの掛かりが遅いのがこの馬の特徴なんだよね。

一層毎に進める様になってはいるから、今後も注目。馬は動けてきている。

ギルデッドミラー

中京記念6着。ハイペースで前に出して、折り合いも結構欠いていた。終始展開に嫌われる運のないレースになったけど、51㎏で相対的に走り易かったとは言え、直線、先行馬の中では伸びている部類で0.3秒差の6着だった事を考えると闘えていると思う。

展開はもっと味方してくれていれば、この馬が上位に来れた可能性はあるかも。思いの他頑張ったという所で、評価は前進。

アドマイヤジャスタ

函館記念1着。回顧も何も、ほぼ普通に回って普通に勝っている。確かに58.8秒のハイペースで中団で手控えて折り合えたのは大きいけど、その位置にいるだけで勝ちが転がり込んでくるほど重賞は甘くない。4角もスルスルと動いていたし、展開+実力の勝利と言う感じだった。

いつもは追ってジリっぽい馬なだけに、気まぐれでか自分から走ると違うのかも知れないな。

ドゥオーモ

函館記念2着。出遅れでほぼシンガリからの競馬になりマズい位置取りではあった。紛れのとにかく多い函館多頭数4角でもインにいてかなり向かないと抜け出して来れない位置だったけどインから動いた事によってか、外にいたミスマンマミーアがドゥオーモに驚いた感じで外に逃避してくれたおかげでインが窮屈にならずに済んだ。

直線もアドマイヤジャスタが伸びて空けたスペースから出て来られるなど、展開はともかく運はかなり向いた。上々の2着と言った所で、運要素も強いのでこれ以上はどうか。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする