アクセスランキング アイビスサマーダッシュ2020 回顧【元馬術選手のコラム】

アイビスサマーダッシュ2020 回顧【元馬術選手のコラム】

アイビスサマーダッシュ2020 回顧




ジョーカナチャン

アイビスSD1着。軽斤量・軽体重を活かして一気に前に出して行き、ライオンボスの進路を上手く塞いでいた。ライオンボスには前回と同じ間合いに持ち込まれてはいたけど、手前を替えられていた分、こっちが有利だったね。




ライオンボス

アイビスSD2着。韋駄天Sと同じ形勢に持ち込むも今度はジョーカナチャンを捉え切れず惜敗。鞍上の心理としてはハンデ差が前回の4.5㎏から3.0㎏に縮まっていたから同じ間合いなら交わせるという計算はあったんだろう。ただ、ゲート直後から左手前で出て、そのまま手前を替えずに行くハメになった分、最後が浅くなった。前回は少しの間だけ右手前を使ってたんだけどね。

ビリーバー

アイビスSD3着。序盤から前の位置取りを捨ててタメの競馬を選択。あまり差し脚の決まるレースではないけど、追い切りでも指摘した通り、他馬を怖がる所があるのであの位置取りはこの馬にとっては妥当と言った所。前が多少ゴチャついたなりに最後はタメた脚を一気に使ってよく3着まで上げた。スムーズなら2着争いだったと思うし、重賞で後方でも行けそうという意味では収穫のあった一戦では。

ダイメイプリンセス

アイビスSD5着。真ん中の枠で中途半端な競馬になったのが痛かった。あの枠にしてはかなり上手く真っすぐ走らせてはいたけど、追う事には専念出来なかった。まぁ、ハミも取って無かったし、1000mでやり合うにはもう一気勢必要なんじゃないかな。

ラブカンプー

アイビスSD10着。負けはしたけど、内枠から一気に出して行って、外の前につけた騎乗は光った。発馬が上手い馬というのもあるけど、まず藤田菜騎手が勝ちにいくために乗ったよ。併せてどうぞな馬な分、競って譲ってはいたから単騎でないとやはり厳しいね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする