アクセスランキング 【エルムステークス2020】 最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【エルムステークス2020】 最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ルールソヴァール、ロードグラディオ、ロードゴラッソ、ワイルドカード、ワンダーリーデル、バスカヴィル




エルムステークス2020最終追い切り所見 3/3 by アラシ

ルールソヴァール

※追い切り映像は無し

JRAの直近はブリリアントS13着。大敗はしているけど、最後まで強ムチが入っておりバテた感じでもなさそう。先手は取れる馬だし、気合が乗って走る気持ちが入れば大躍進も?大穴にはなるだろうけど、勝目そのものは存在していると思う。

ロードグラディオ

※追い切り映像は無し

マリーンカップ9着。内枠から好スタートを決めてロスの無いコース取りをしたにも関わらず最後は手応えなく止まってしまった。道中の運びは絶好と思っただけに、惨敗と言う感じだったね。近走は目立っていないし、あまり見込まなくても良いかも。




ロードゴラッソ

札幌 ダ 重  水曜日  併せ 一杯

5F65.9 4F51.3  3F38.1 1F12.7

アンタレス8着。インで先手を作って4角もそこまで乱れる事なく直線ジワっと粘った。この馬の力は出していたと思う。単純に力量不足に見えた。折り合いはそこそこつく馬だし、掲示板圏内なら。

ムチを使いながら一杯に追うも、追うほどにヘッドが上がってしまっており速度乗り出来ていあに。特に併せて競る気配も無いし、敢えて見込む部分は無いな。

27点

ワイルドカード

札幌 ダ 重  水曜日  併せ 馬なり

5F69.0 4F54.0  3F39.2 1F12.7

アンタレスS13着。結構な雰囲気で他馬を気にしており内側の枠で呼吸が乱れた。4角でも前に行くのを厭う感じだし、ロスがあっても良いから外を大味にと言うタイプ。条件戦時は上位が上がりも使っていたし、ある程度直線にかける競馬の方が合うかも。

追い切りでもやはり併せている時に僚馬を嫌っている所がある。追って抜け出してからの雰囲気と併せている時の雰囲気が全然違う。やはりコースロスは気にせず外を通した方が良さそう。

13点




ワンダーリーデル

札幌 芝 やや重  水曜日  単 馬なり

5F67.5 4F53.3  3F38.6 1F12.4

プロキオンS9着。よく直線で伸びていたけど、さすがに位置取りが後ろすぎ。脚はある程度持っているから、前が止まる流れになれば。どうも追い上げて中途半端になりやすく、重賞で信頼しづらい。フェブラリーS同様、ロスを極限まで抑えれば或いは。

芝での追い切りだったけど、脚取りは重めで強めで走らせたら芝をえぐってしまっただろうから、確かにダート向きとは感じた。末脚のある馬にしては珍しく後ろがついて来ていないね。

30点

バスカヴィル

美浦 南W 良  水曜日  単 強め

5F68.5 4F53.4  3F39.7 1F13.1

丹沢ステークス1着。追って苦しくなるとかなりヘッドを上げてしまうので、ハイペースなり接戦なりになると苦しくなると思う。先手は毎回行けている馬だし、そこそこ流れるレースでも終いで止まっておらず、穴馬としては狙える存在。

追い切りでも異様なほど頭が高くカックンカックンさせているので、ペース云々以前にそういうフォーム何だろう。これで追ってフルに伸びる事はないし、重賞ではどうかな。地力だけで勝ち上がっており、今6歳だけどもっともっと年齢を重ねて落ち着きが出れば案外良くなるかも知れないな。

24点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする