アクセスランキング 【小倉記念2020】 最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【小倉記念2020】 最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アウトライアーズ、アメリカズカップ、アールスター、サウンドバーニング、サトノガーネット、サトノルークス




小倉記念2020最終追い切り所見 1/3 by アラシ

アウトライアーズ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.3 3F38.8 2F25.0 1F12.2

七夕賞14着。後方から競馬を組み立てる馬。出遅れもザラなのでまず先手で行かないと思った方が良い。前走はインの荒れた重馬場を通ったにせよ、3角手前から追いが入って手応えを消失するなど、負けすぎ。ここも厳しいと思うよ。

ヘッドは高いながらも追って伸びているんだけどな。この手応えでこの時計が出せるなら競走馬として見限るにはまだ早いのかなと思う。レースでは抜いてしまうという事だろう。何とか本気を出させる様に仕上げてあげれば。

56点

アメリカズカップ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F52.5 3F37.9 2F25.2 1F13.0

米子S13着。かなり掛かる馬ではあったけど、最近は手控えが利くなどマシにはなって来ている。ただそれだけと言う部分はあって、中団で運べても直線で伸びないのでやはり見込みが立ちづらい事には変わりない。

一杯に追って気が急いてしまったフォームはかなり崩れている。最後はハミが抜けてバラバラ・フラフラな状態だった。52.5秒と走らせていたとは言えこれではね。一杯に攻めて落ち着きが出てくれば少しでも。

31点




アールスター

※追い切り映像は無し

垂水S6着。ズブい所がありそうで、結構道中~4角推して追走してくる。ウチでジッと構えて直線一気というタイプではなく、4角大味に回っての勝負が合う。直線の短い小倉はどうか。

サウンドバーニング

※追い切り映像は無し

阿武隈S16着。普通にソツのないコース取りをして、普通に折り合って大敗しているので、単純に能力不足。「こうすればもっとやれる」と言う要素が殆どなく、まず見込みが立たない。




サトノガーネット

栗東 坂路 良 水曜日  単 しまい強め

4F54.8 3F38.3 2F24.5 1F12.0

エプソムカップ9着。直線は鋭く伸びており脚力はいつ見ても評価できる。前走は前残りだったし後方から行くこの馬に展開が向かなかった。スブさのある馬で後方からになる上に、エンジンの掛かりも悪いけど、本気を出せば鋭く着を上げられる。

極端な後傾ラップなのは追い込みを想定しているからだろう。馬場が良いとは言え、追って一気に沈んでグンっと前伸びしている等、気配は良好。以前はここまで追い切りで動かなかっただけに良化に期待。800mでこれだけ気合が入るなら、レースでも。

90点

サトノルークス

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F54.0 3F38.9 2F25.2 1F12.5

鳴尾記念8着。外枠からインに入れず、コースロスを抑えるために後方に下げた。結果的に後方からになりすぎた上に、ペースも普通だったので追い込んでも届かず。どちらかと言えばおっとりしている馬で、2000mに向いているかどうか。

重心を下げきれずにピッチ走法気味の小走りになってしまうのは、そういうフォームの馬と言う感じでこれまでと一緒。レースでは落ち着いて重心も下げてくるのであまり心配は要らない筈。いつも通りで菊花賞の時から変わらないね。

60点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする