アクセスランキング 関屋記念・小倉記念2020 回顧【元馬術選手のコラム】

関屋記念・小倉記念2020 回顧【元馬術選手のコラム】

関屋記念・小倉記念2020 回顧




サトノアーサー

関屋記念1着。出遅れでヒヤリではあったけど、直線一気でぶっちぎって見せた。跳びの大きい馬だし、後方で他馬との兼ね合いを少なくして運べたのが却ってよかったのかもしれないな。折り合いは今は問題なくつくようだし、長い直線も合っていた。

跳びが大きい分、器用さはやはり感じないけど大味に行けるコースなら。爆発力のある脚は健在だけど、不発も多い点は今後も注意が必要だろう。




トロワゼトワル

関屋記念2着。それなりのペースで飛ばしたとは思うけど、直線で余力はあった。気分よく行かせて上手く呼吸を整えてあげればこれくらい走るのかもな。350mから追い出す勝ちパターンの競馬で、ハミを当てられてうまく取り返したり、ムチにもグンっと反応するなど、終いも良く伸びていた。ただ、勝馬の豪脚が見事だったね。

アンドラステ

関屋記念3着。道中掛かってしまい消耗が発生した上に、ハミを強めに当てられて馬が硬くなってしまった。あれだと筋肉の緊張を招いて最後追った所でストライドが伸びなくなってしまう。あの道中でジワ伸びの3着なら良く戦ったと思う。岩田騎手も直線のペース配分を上手くして3着を確保したのは上手かった。

プリモシーン

関屋記念15着。終始折り合いを欠いていた。去年くらいから掛かったり折り合ったりのレースを見せていて、ここの所折り合い不安はまた顕在化してきている。牝馬であれだけ掛かれば体力・前進気勢を消失するのも当然で、道中の時点で負けていた。



アールスター

小倉記念1着。インでロスを抑える競馬が出きたし、穴馬で気楽の乗れてハンデが軽かったのも幸いしただろう。推して鈍い所のある馬だけど、4角でロードクエストが勝負を動かしてくれたおかげで前にスペースが出来て、一気に追う場所を確保する事が出来た。

サトノガーネット

小倉記念2着。序盤から幾らでも前に出せそうなスペースがあったけど、鞍上が推さずに手控えた。今まで推しても前に行かない所があったから、推すだけ無駄を生むと思ったのか、とにかく決め打ちの後方待機だった。

この馬も4角でロードクエストが動いてくれた事で、一気に前が開いて比較的ロスの少ないコース取りで外に出す事が出きた。直線勝負でよく2着まで来たけど、無駄を完全に省いた勝馬の方が上だった。

ランブリングアレー

小倉記念6着。一番人気の競馬で堅実に回りすぎたんだと思う。途中でロードクエストが絡んできたにせよ、実力の抜けている馬であればあそこまで失速はしないと思う。道中幾らか噛んでいたし、消耗分もあったかな。

サトノルークス

小倉記念11着。ロードクエストが作った急激なペースアップに対応できず置かれてしまった。普段からノンビリしている馬だからああいう一気に流れが変わる展開だとどうしても後手になる。距離が短かったと思う。折り合いはかなりつく馬だし長距離なら。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする