アクセスランキング 札幌記念・北九州記念2020 回顧【元馬術選手のコラム】

札幌記念・北九州記念2020 回顧【元馬術選手のコラム】

札幌記念・北九州記念2020 回顧




ノームコア

札幌記念1着。インコースを利して最短経路でピッタリ折り合う極上の競馬。4角でスジが見えた所で自然に最短経路で外に出したノリさんの職人技も光った。追い切りでも前進気勢が高かったし、後は前でフワっとしているラッキーライラックを気合をつけて交わすだけ。

追って素早くスピードを上げるのはマイル戦で培ったのか、一気にラッキーを交わし最後は流す余裕。実力のある馬が、展開と流れをモノにできればこれ位やれるという事じゃないかな。

秋へ向けて大きな手応えを感じるレースだった。




ラッキーライラック

札幌記念3着。序盤で外なり後方なりから来た馬たちに抜かれて掛かってしまったのは痛かった。とは言ってもこれはいつも見られる現象だし、敗因はもう少し他にあると思う。3角でハミを取りに一瞬行っていたけど、4角でムチ連打が入るなどいつもの行く気が無かった。

追い切りでも前進気勢が低く、前進を厭う所があったし本調子ではなかったんだと思う。本番に向けて一旦調整しなおせるし、良い意味で捉えられれば。

ペルシアンナイト

札幌記念2着。久しぶりに掛かる所が出ており、良い時の走りが変な意味で出来ていたと思う。この馬は掛かった時の方が走る場合も多いからね。掛かった分、抑え抑えの道中で最後方になった分、ノームコアの後ろから動く展開になり最後は仕留められなかった。

ただ、ノームコアもかなり余力がありそうな終いだったし、もし先に動けても厳しかったかも知れないね。近走からしたら本当によくやったと言えると思う。最近はノンビリしすぎている位だったし、このテンションで秋も出てくればもう一輝きあるかも?

レッドアンシェル

北九州記念1着。今は中団に待機しても前みたいにパニック起こして自爆と言う事は無くなった。今回も迷いなく中団で待機を選択出来た様子で、馬の進歩を褒めるべきだと思う。いうても手綱を抑えられながらだから完全に馬群を克服したワケではなさそうだけど、まず拳で御せている程度だったし、これならタメが作れると言う事。

縦長だったのと、外ら狙いの馬が多かったお陰で、インの前はバックリ開いており、運も上手い事味方につけられた。温存していた脚をいかんなく追って出せる間合いだったね。

タメが利けば強力な終いが使える事を再確認したし、秋の大一番に期待。




モズスーパーフレア

北九州記念2着。序盤から決め打ちの逃げで速度乗りさせてからも一切抑えず気分よく行かせた。元々、調子が良かった時はハイペース逃げで最後まで頑張って走り切っていた馬だし、往年の走りが久しぶりに出来たという感じじゃないかな。

リードを作った所で手控えれば…というのは結果論だし、勝馬のあの脚を見せられてはどういう競馬をしても跳ね返せたかは疑問。相手を誉めるべきレースだったし、秋を前に絶好調時の走りが再現できたのは収穫と言えると思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする