アクセスランキング 札幌2歳S2020 回顧【元馬術選手のコラム】

札幌2歳S2020 回顧【元馬術選手のコラム】

札幌2歳S2020 回顧




ソダシ

札幌2歳S1着。一度使った分なのか、掛かり方がデビュー戦の時よりキツくなっていた。それでも終いなおハイペースの中で伸びて勝つんだから強いの一言。1800mで中々こういう芸当は出来ないと思う。ただ、かかり方は結構なものだったし、賞金を稼いだ以上、少し大人しくさせるのが春に向けて良いかも。

このテンションの上り方だと2回使った後の3回目で更に掛かる恐れはあるだろうし、それではクラシックを戦えない。マイル向きな気性ではあるけど、調整次第でそこは変わってくるだろうし、手腕に期待。




ユーバーレーベン

札幌2歳S2着。ハイペの後方待機から一気にマクって行く競馬で、消耗がキツくなる進出方法だけどよく最後まで伸びた。仕掛けて行った分か、4角で馬が逆手前に替ってしまって外に膨れ、ソダシについていけなくなってしまった。あそこでちゃんとした手前のままだったら直線で勝ち負けだったと思うよ。

強い内容だったし、今後も注目して良い馬。

バスラットレオン

札幌2歳S3着。1角で外からウイングリュックに並びかけられた所で若干掛かってしまい、消耗を招いた。ハイペースの前だったしシンドい競馬になっていたと思うよ。勝馬とは1枚以上力量さを見せつけられたけど、シブい展開で良く粘っている。

折り合いがついて手控えが利いていればもっとやれて良い内容だったし良化余地は有りそう。

ピンクカメハメハ

札幌2歳S13着。決め打ちの逃げからハイペースになってしまい、どうにもならなかった印象。やはり1800mは全然長いと思うよ。前にかなり行ってしまう気質の馬だし距離を大きく縮めて再度。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする