アクセスランキング 紫苑S2020 回顧【元馬術選手のコラム】

紫苑S2020 回顧【元馬術選手のコラム】

紫苑S2020 回顧




マルターズディオサ

紫苑S1着。開幕週でイン前に付けてスローペースに落とす絶好の展開を自発的に作れたのは大きい。春先は折り合いに苦労する所があり、今回もそうそう出して行けないと思ったけど、ここまでの調整が上手く行ったのか休み明け・前哨戦にも関わらず積極的に出して来た。

折り合いをもし本当に身に着けて来たのであれば、春以上に楽しみ。




パラスアテナ

紫苑S2着。外枠から回らさせられ、ロスのある競馬にはなった。スローを察して上手く早仕掛けて最後まで脚勢を維持して伸びたけど、競馬・実力的に勝馬が上を行った。堅実なレースになっての2着だし良く走っておりラジニケ同様、力は見せている。G1はどうかと思うけど、牝馬の中では実力上位と感じる。

シーズンズギフト

紫苑S3着。外枠からジックリとインに入れて折り合いも大体つく、文句なしの競馬。直線もインがガラっと開いて追えたけど、前2頭に及ばなかった。ほぼ完璧な競馬だったと思うし、今回の条件では完敗といった所じゃないかな。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする