アクセスランキング セントウル2020 回顧【元馬術選手のコラム】

セントウル2020 回顧【元馬術選手のコラム】

セントウルS2020 回顧




ダノンスマッシュ

セントウルS1着。先行争いが厳しいレースになる中、決め打ちで外から出して行って、案の定ガッツリ掛かった。それでも末を失わずに圧巻の伸びで勝つんだから、やはり強いの一言。手控える競馬で結果は出したけど、あの様子じゃ逃げに拘った方が強いだろう。

ここで手控えが利いたからと言って、堅実な競馬を企図すると崩れると思う。最後一頭になってもソラを使わず、ゴールまで猛然と走っていたのは圧巻。




メイショウグロッケ

セントウルS2着。ロスなく回った以外は特にファインプレー要素も少なく、ほぼ自力で2着まで上げて来ている。前が崩れ勝ちなレースで、上手く呑み込めたのもあるけど、同位置の差し馬にも負けていない。右手前の時は伸びあぐねていたけど、左手前になって一気に伸びたね。

決め脚は左なんだろうけど、中々替えようとしていないように見えた。火付きが悪い印象で、長い直線でシバきまくって観念して全力を出した印象。直線の長い所の方が合うかも知れないな。

ミスターメロディ

セントウルS2着。落ち着いて運ぶと前進気勢を欠いて飛んでいく馬だけど、今回は普通に折り合いをつけながら終いも良く伸びた。年齢のせいか、落ち着いて競馬が出来る様になったのかも。ただ、その分、パンチが利かなくなった印象は残るし、オンオフの競馬で鋭さを身に着けられるかどうかだと思う。




ビアンフェ

セントウルS5着。序盤の逃げ争いに加わったのは裏目に出た。決め打ち騎乗だった以上こればかりは仕方がない。ペースを察して手控えに回ったけど思ったより折り合いはついていて、コーナーでも息が入っていそうな気配だった。

直線で手前を替えていなかった所を見ると、道中でバテたかな。控えられる所は見せたし、収穫はナリにあったと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする