アクセスランキング 京成杯AH 回顧【元馬術選手のコラム】

京成杯AH 回顧【元馬術選手のコラム】

京成杯AH2020 回顧




トロワゼトワル

京成杯AH1着。スマイルカナが一気に行った所で、同時に一気にマークに行ったノリさんの読みの鋭さには脱帽。結果的に見てもあそこでスマカナを単騎で行かせていたら絶対勝ててない。前残りになり易い馬場状態を考慮して序盤で勝負していた感じだね。

最後はスマカナの繰り出した二の脚・三の脚を最後で交わし切っての勝利で、見事に競っていた。かなりエキサイティングな騎乗をしていたと思う。スローの前めなら今後も強いかも知れないな。




スマイルカナ

京成杯AH2着。序盤からハナの決め打ちに打って出た。春先に手控えたり、馬群に包まれた所で大きく慌てていた反省から、桜花賞以降は何が何でもの逃げに出ており、ここでもその教訓を活かして手控えなかった。

外枠が不利な中山1600mでも1角までの上手くハナに行けており、柴田騎手の手腕は見事だったと思うよ。

最後はトロワゼに迫られるも二の脚・三の脚と繰り出して都度撃退していたんだから、大したもの。内枠だったらもっと楽だっただろうし、この二の脚がある限り今後も活躍できる。

アンドラステ

京成杯AH10着。インでジックリ構え、4角もイン突き気配を見せるも前が上がって行かず、壁が厚くなってしまい突破できなかった。外に出そうにも進路が無く、手のストロークが何度も止まるなど、追える所が全くない不完全燃焼となってしまった。度外視で良いよ。

イン突きのリスクに呑まれたもので、気にはしない。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする