アクセスランキング セントライト記念 回顧【元馬術選手のコラム】

セントライト記念 回顧【元馬術選手のコラム】

セントライト記念2020 回顧




バビット

セントライト記念1着。外に逃避気味、手前は殆ど不揃いと言うバタついた運びでも終い止まらずに逃げ切った。気分よく逃げられればという事だよね。菊花賞では好き好んで逃げてくる馬もいないだろうから、よりハナは切りやすいかも知れないな。

道中がスローだった分で残り1000mから各馬が動く、逃げ馬にはかえってシンドい流れになったけど、後続が追えども追えども届かずの完封勝ち。

ハマればの馬なのは間違いないけど、地力が高水準なのも確か。菊花賞でも果敢に逃げれば或いは。




サトノフラッグ

セントライト記念2着。本番を見据えてか序盤から手控えて折り合いを作る競馬に。ダービーで掛かって負けている分でそういう判断をしたのかなと思った。スローでかなり早めに動いて行っても止まらず、十分強い競馬をしていたと思う。このレースは勝馬が見事だったとしか言いようがない。

ガロアクリーク

セントライト記念3着。手控えてのタメを狙っていた様だけど、序盤からスローになると読んだのか、直後から直ぐに出して行く作戦に切り替えた。結果的に川田騎手の読みは当たっていたし、好判断と言えると思う。

追い切りでも言ったけど、どうも今は追ってヘッドアップしてしまいスピード乗りしきれていない。春に比べて馬っぷりがもう一つだし、このままではどうか。

今から1ヶ月で作り直すのはムリがあるし、ちょっと菊は慎重視。

ヴァルコス

セントライト記念5着。持ち前のズブさを全面に出し、とにかくエンジンの掛かりが悪かった。3角から動こうにも動かず、三浦騎手が座骨で推すという珍しい光景すら見られた。ムチにも反応しきれていないし、やはりここを叩いてピリッとしてくれば。

最後はエンジンが掛かって前に喰って掛かっているし、能力はやはりある。

地力は高い馬だと思っているので、ここで動けるようになっていれば、菊花賞でも上位はあると思っている。




フィリオアレグロ

セントライト記念7着。折り合いに不安があるためか決め打ち気味の後方待機。スローで終始後方だったし、まず展開にハネられた。デムーロ騎手ならマクってもおかしくないペースだったけど、次を見据えてタメに徹したのかな。新馬戦1勝のみの馬だから出走は厳しくなっただろうけど…。

いずれにせよ、3~4角で前には置かれており、少し厳しい内容の競馬に見えた。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする