アクセスランキング 【神戸新聞杯2020】 最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【神戸新聞杯2020】 最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ターキッシュパレス、ダンシングリッチー、ディープキング、ディープボンド、パンサラッサ、ビターエンダー




神戸新聞杯2020最終追い切り所見 2/3 by アラシ

ターキッシュパレス

※追い切り映像は無し

信濃川特別1着。不良馬場で直線も外に出せず脚がハマっていたハズだけど、外側に出してからは闘志を燃やして伸びてきた。あのタフな馬場で前進気勢を失っていないのは評価できるんじゃないかな。後はこのメンバーとの力関係。

ダンシングリッチー

※追い切り映像は無し

タイランドカップ1着。かなり淡泊な気配の馬で、ただ茫然と走っているだけという印象。勝負所では動いてくれないし、追っても速力が上がらない。このメンバーでは厳しいかも知れないな。




ディープキング

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F51.8 3F37.9 2F24.8 1F12.7

ラジオNIKKEI賞3着。中団でタメるも前2頭が止まらず追撃もそれまで。スピードの削がれる馬場で後方からよく追い込んだと思う。折り合いをつけて上手く進められる馬だし、能力は感じる。

ジョッキー騎乗・ムチ入れての一杯追い。時計は十分出ていて勝負気配の気迫だけど、この時計をほぼ馬なりで出していたコントレイルと比べると次元そのものが見劣る。2、3着ならともかくコントレイルには遠く及ばないと感じた。

76点

ディープボンド

栗東 CW 良 木曜日  単 馬なり

6F84.8 5F67.3 4F52.7 3F38.6 1F12.4

日本ダービー5着。スローの先手で展開はドンピシャでハマっていたと思う。4角で押し切りに動いて畳に行った分、終いで浅くはなったけどまず良く粘った。コントレイルが後ろに控えているレースだったし一か八かで早めに動いた判断は面白かったと思う。

ゆったりしたフォームの割に時計は出ているし、落ち着ている等、気配は良好。先手を取る馬で折り合いが問題なさそうなのは大きい。追ってハミをとればもっと良かったけど、これと折り合いの両立は中々大変。

70点




パンサラッサ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F53.4 3F38.7 2F25.3 1F12.8

ラジオNIKKEI賞2着。大外枠から決め打ちで果敢に行くもさすがに逃げ馬が多く、ハナは取れなかった。向こう正面でも推しっぱなしで、相当消耗が出る競馬になっていたハズだけど、あれで2着に粘ったのであれば十分戦えている。重賞で通用する力量は有ると思う。

併せても鋭さを見せて来ないし、やはり前粘りのレースが合いそう。ホープフルSの時みたい強逃げを打てれば或いは。2200mは心配なさそう。

54点

ビターエンダー

美浦 南W 重 水曜日  併せ 強め

5F66.5 4F50.7 3F37.4 1F12.4

日本ダービー10着。内めを丁寧に折り合いをつけながら回っており、上出来な競馬だった。それでも坂で一杯気味になった所をみると実力勝負の完敗と言った所だろう。自分の走りで完全燃焼は出来ており良く戦っていたと思う。

僚馬を意識して自分から動けているし、気負う所も全くなくリラックスしている分、筋肉がほぐれてストライドも伸びている。呼吸も楽そうで良い時計を出しているし、文句はないね。追えばもっと伸びただろうし、楽しみ。

86点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする