アクセスランキング スプリンターズS2020回顧【元馬術選手のコラム】

スプリンターズS2020回顧【元馬術選手のコラム】

スプリンターズS2020回顧




グランアレグリア

スプリンターズS1着。休み明け・1600m戦の次のスプリント戦ぶっつけ本番でか、前を追走出来ずかなり悪い運びになった。4角回ってから追い始めて、中山の短い直線だけの勝負でダノンスマッシュ他をゴボウ抜きにして勝つんだから、とにかく強いとしか言いようがない。

ハイペースは確かに味方したけど、ハッキリ言って全く流れに乗れておらず勝ちに行きづらい位置にいたのは確か。今回みたいにG1で直線だけの競馬で勝ててしまうんであれば、今後どのレースに出て来ても脅威。




ダノンスマッシュ

スプリンターズS2着。ゲート直後にモズに寄られて後方に。そこからリカバリの3番手で相当消耗は有ったハズなのに直線も十分伸びて力は示した。出遅れ以外は完璧なレースをしていたと思うし、勝った馬を褒めるしかない。最後は脚勢が衰えてバラっとしていたし、まともに先手が取れていれば着は変わらなくても当然だけどもっとやれたのかなと思った。

アウィルアウェイ

スプリンターズS3着。大外枠からハラを括って後方待機の決め打ちを選択。人気薄とは言え、積極的に狙いに行った松山騎手の判断が光った。ペースが早かった分、前で手応えを喪失した馬達を一気に抜きに行く競馬で見事に展開をものにした。早め早めに前に行っていたらこうはなっていないだろうし、4角まで我慢に徹した鞍上に拍手。

モズスーパーフレア

スプリンターズS10着。ハイペースの逃げで頑張り切れなかった。インでハナに立って息を入れようとしていた矢先に外からビアンフェに絡まれてしまい、やむなく更に前に出す事に。単騎で行けないと逃げ馬はどうしてもこうなる。展開要因はあったハズだし、単騎の競馬ならチャンスはいくらでも。




ミスターメロディ

スプリンターズS4着。3角~4角でガラガラに開いたインに誘導した福永騎手の騎乗は見事だった。お昼休みに馬場状態を確かめていたらしいし、その分、自信と正確な根拠を持ってインに入れられたんじゃないかな。

馬は以前の様にガーっと掛かる気配はなくなっており、その分、今回みたいに操作が利くようになっている。パンチ力は落ちたけど、この回りが出来るなら今後も重賞で。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする