アクセスランキング 京都大賞典2020回顧【元馬術選手のコラム】

京都大賞典2020回顧【元馬術選手のコラム】

京都大賞典2020回顧




グローリーヴェイズ

京都大賞典1着。流石に折り合いはバッチリつく。前に馬を置いて1角~4角まで殆どロスの無いコース取りをした上に、道中もハミをある程度遊ばせて走れているんなら直線伸びるのも当然だろう。

以前から言っている通り、鉄壁に近い折り合いが有る上に追って鋭い脚が使える馬で、崩れにくい。G1でも当然見せ場はあると思うし、積極的にローテを選んで欲しいな。




キセキ

京都大賞典2着。出遅れはしたけど毎度の事だし、むしろこの馬にしては出た方。最後方で折り合い重視の待機も最初っから想定していた様だし、狙い通りの競馬だったと思う。残り1000mから動いて行ったのも、ラインを替えて自発的に外に誘導していたし、鞍上が狙ってのものだろう。

ただ、あれだけ早めに動いて、4角もロスを被るでは上手く運んだ勝馬を捉え切れなかった。あの競馬で2着なら当然強いけど、それだけでは物足りない馬であるのも事実。

脚質的に展開に祈る部分はあるけど、現状、これ以外の作戦は自滅を招くと思う。

キングオブコージ

京都大賞典3着。外枠からロスの無い所を全般上手く回れたけど、4角で上位2頭に置いて行かれて付いていけなかった分、最後の巻き返しがシンドくなった。主観になるけど、右前脚の出が硬く、右回りは少し苦手なのかなと思った。

重賞で勝ち切るにはもう少し決め手も必要と感じた。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする