アクセスランキング 府中牝馬S2020回顧【元馬術選手のコラム】

府中牝馬S2020回顧【元馬術選手のコラム】

府中牝馬S2020回顧




サラキア

府中牝馬S1着。有力所が前に行って脚を使ってくれる中、自分の競馬に徹してしまいで返す等、ハマった部分はあった。折り合いはかなりつく馬で、軽いステップで走れる分と、馬場の良い所を進めた分で、消耗も最小限に抑えられたと思う。

ただ、そういった所を抜きにしても3~4角、前を捉えに勝ちに行く動きをしており、鞍上からしたら相当出応えが良かったんだと思う。

冷静に進められる馬だし、確かに重馬場向き。もし良馬場で人気ところが自滅していなかったら違ったとは思う。




シャドウディーヴァ

府中牝馬S2着。ちょっと立ち上げ気味に出てしまい出遅れるハメに。このままハラを括って後方待機した判断がハマった感じだね。終始ラヴズオンリーユーをマークした競馬で、ラヴズが行けなかった分、サラキアに追い遅れる直線にはなったけど、手応え差から見て、仮にサラキアをマークしていても着までは覆せなかったと思う。有力所が自滅した点には留意したい。

ダノンファンタジー

府中牝馬S6着。まず掛かりっぱなしになってしまったし、気性も難しいのでこういう馬場状態では走る気にもならないだろう。トロワゼトワルを単騎にしてはいけないという思いもあったんじゃないかな。掛かりの程度は思ったより硬く無かったし、良馬場で再度。

ラヴズオンリーユー

府中牝馬S5着。序盤で有力馬をマークするために前に行って脚をつかったのは幾らか響いたと思う。馬場を気にしている様子は直接的には感じられなかったな。ただ、800m付近で速度を上げる場面でヘッドアップして止まりに入っており、気分で無かったのはたしか。

勝馬に併せられても全然競走しようという意欲はなかったし、まぁ、こういう馬とは言え、淡泊な競馬になってしまった。ここを使ってピリついてくれば違う気はするけど、火の付きにくい性格なので、どうか。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする