アクセスランキング 菊花賞2020回顧【元馬術選手のコラム】

菊花賞2020回顧【元馬術選手のコラム】

菊花賞2020回顧




コントレイル

菊花賞1着。今までに比べると掛かって手綱の緊張が硬くなっており、3000mは適距離外だったのかなと思う。それでも馬群で良く我慢はしてくれた。今回も偶然か必然か、外の進路をディープボンドが抑えてくれており、鞍上としては焦る事無く落ち着いて折り合いに専念出来たのは大きかった。

直線でアリストテレスよりも先にムチが入るなど、苦しい情勢には追い込まれたが、それでも手前を替えて抜かせなかったのは馬の実力としてか言い様がない。

強い内容ではあったけど、3000mの馬ではないなと思ったのも事実。クラシックディスタンスこそ本領だろうと思った。




アリストテレス

菊花賞2着。終始コントレイルの外側を回しての競馬で実力勝負に持ち込んで、アタマ差の死闘にまで持ち込んだ。手綱の張り具合はコントレイルに比べればユッタリしていたし、3000mの適性はこちらの方が上だったという事だろう。

最後はコントレイルに先にムチを使わせるなど、最後の最後までコントレイルを苦しめた。実力で2着まで来ており、上り馬として今後も目は離せないかもな。

サトノフラッグ

菊花賞3着。後方タメに徹した分で、位置取り的には勝の薄い所にいるハメにはなった。ただ、折り合いに不安があるし、下り坂の加速を嫌っていた様な絞り方だったし、馬の特性を考えれば止む無きなのかなと思う。アリストテレスの隣枠だし、ベストは前で折り合う競馬なんだろうけど、それは出来なかったという事。

消耗はキチンと抑えられた分、直線だけの競馬で良く伸びて3着まで来たし、良く戦ったと言えると思う。

ヴェルトライゼンデ

菊花賞7着。アリストテレスの後方で進めたけど、3角くらいで手応えが怪しかった。掛かっていた様には見えないし、単純に距離が長いだけに見えた。




ディープボンド

菊花賞4着。今回もコントレイルのエスコート役を買って出る形になったけど、それと同時に力の発揮できるレースに持ち込んだ和田騎手の手腕は見事。ダービー5着など、トライアルでは大活躍だったし、今後もG1はムリでも古馬重賞戦線で存在感はでそう。

これだけ走れれば4歳以降も心配は要らないと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする