アクセスランキング アルテミスS2020回顧【元馬術選手のコラム】

アルテミスS2020回顧【元馬術選手のコラム】

アルテミスS2020回顧




ソダシ

アルテミスS1着。出てからいきなり行く馬ではあるけど、一応ギリギリの所で控えてはくれるからレースを壊さない。3戦続けて手綱を取っている吉田隼人騎手が上手く加減を察している感じがして、今日もギリギリの所で折り合えてはいた。

スローで噛む展開になってあれだけ我慢が利けば良いんじゃないかな。展開に恵まれた面もあったけど、直線は後続を一気に突き放したし、強い内容。

JFも期待は十分できると思う。




ククナ

アルテミスS2着。ペースが遅くなってしまい後方に居たのが完全に裏目。脚力勝負で来ている馬だから中団~後方は決めていた感じだけど、どうにもハマらなかった。かなり団子が形成されてごちゃつく道中になるなど、とにかく踏んだり蹴ったり。

ただ、最後の直線はルメール騎手が上手く外に出すと鋭く伸びてまともなら苦しい位置から2着まで上げて来ており力は示している。賞金を積み上げられたし、クラシックを目指しても面白い存在だと思う。

テンハッピーローズ

アルテミスS3着。外の中団で少しロスを被ったけど、内がかなりゴチャついたレースだったし、この馬の位置はむしろ好位だったハズ。直線上位二頭に決め手で負けていた感じだし、今日は上々の3着だと思う。サフラン賞でも感じたけど、もうワンパンチないと大きい所では目立てないかも。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする