アクセスランキング スワンS2020回顧【元馬術選手のコラム】

スワンS2020回顧【元馬術選手のコラム】

スワンS2020回顧




カツジ

スワンS1着。馬場のチョイスが絶妙にマッチした感じで、向こう正面を外、コーナーをイン、直線を大外と通り分けた。上りの速い展開になり、前にいられた展開分も大きいと思う。33秒台がほぼ出ない今の京都で絶好の競馬が出来た。

好騎乗に助けられて馬場も向いていたにせよ、まずよく頑張ったと思う。




ステルヴィオ

スワンS2着。馬場の良い外の好位で折り合って運ぶも4角で加速し始めた所で、プロディガルサンにぶつけられてしまい失速。そこから再加速して巻き返しての1馬身差だから悔やまれるね。スムーズだったら勝てたとまでは言い切れないだろうけど、もっとやれたのは確実。割り増して評価して上げて良いと思う。

アドマイヤマーズ

スワンS3着。馬場の良い所をあまり通れず、少し消耗の発生する競馬にはなったと思う。やはり少し噛んで力んでいたし、その分最後は脚力を削がれた部分はあったと思う。よく3着に残したと思うけど、本来の力からすればもっとやれるハズ。タメが今一つ作れなかったのと、馬場の良い所を通れなかった分はあったんじゃないかな。




サウンドキアラ

スワンS10着。コースチョイスをミスったと思う。「馬場全体に痛みが及んでいる」と発表されている今の京都で最内回して行ったのが脚力を削いだ。まともなコースを通っていれば違った様に思えるし、たまに崩れた今回はとりあえずノーカウント。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする