アクセスランキング 天皇賞秋2020回顧【元馬術選手のコラム】

天皇賞秋2020回顧【元馬術選手のコラム】

天皇賞秋2020回顧




アーモンドアイ

天皇賞秋1着。外からの先手で一瞬掛かりかけたけど、上手く馬が踏みとどまってくれた。向こう正面でダイワキャグニ―が張り出してきて壁になってくれたのも幸いしていたと思う。

直線入口で早々に前が開いていたし、待ったままで追走していたんでこれは勝つなと思った。余力のある直線途中は、後続が1馬身付近に迫った所でムチを入れて差を詰めさせず接戦に持ち込ませないなど、ルメール騎手の手腕も光った。

最後は詰められていたし、2,3着馬が必ずしも向いた競馬が出来ていない事を考えると、うかうかしていられないと思う。次も引き続き気を引き締めての臨戦に期待。




フィエールマン

天皇賞秋2着。序盤出た所でキセキに前に入られたクロノが怯んで寄せてきてしまい、接触。掛かった上に後方になる渋い競馬になった。3角はインにいた事もあってタメに徹し、クロノジェネシスが600mから積極的に動いて行ったのと対照的にタメに徹した。

400mで外に出して一気に追い込んだけど、好位から脚を発揮したアーモンドアイに及ばず。クロノに先着できたのは自分の競馬に徹した分だからイーブン。

スムーズだったらまた違ったと思うし、GⅠ馬の走りは十分にしていた。直線インをついても良かったかも知れないけど、これは嗜好の差もあるから何とも。

クロノジェネシス

天皇賞秋3着。序盤出た所でキセキが前が前に入って来た所でゴチャついてしまい、フィエールマンと接触するなどして後方になった上に、折り合いを欠いたのが響いた。3角で前のジナンボーをパスして外に出し、最外600mからアーモンドアイを捉えに行くも、最後の最後でガス欠に。好位で折り合えていれば、もう一弾け違ったと思うし、引き続き期待は大きくできる。




ダノンプレミアム

天皇賞秋4着。スタートが良すぎて前に行ってしまった。逃げ狙いでは無かったと思う。ただ、手綱を引いて折り合ってくれる馬でもないし、結果的にスロー気味のレースだったので変に下げなかった判断は良かったと思う。

直線入ってムチには応えて最後まで伸びてはいたけど、逃げて死守という競馬をした事は無かったし中々実が入ってこなかった。

キセキ

出遅れ続きの馬を五分以上に出して先手に着けさせた陣営・鞍上の手腕に拍手。前で若干折り合いを欠き気味だったけど、これくらいはご愛嬌だろう。直線はこの馬なりと行った所で、アーモンドアイ・クロノジェネシスらが交わして行っても応戦する姿勢を見せずに譲ってしまっていた。この辺はこの馬らしい走りになってしまった。

G1ではもうワンパンチ足りていないけど、先手に出られたのは大きな収穫のハズ。今後の良化に期待。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする