アクセスランキング ファンタジーS2020回顧【元馬術選手のコラム】

ファンタジーS2020回顧【元馬術選手のコラム】

ファンタジーS2020回顧




メイケイエール

ファンタジーS1着。今回もガッツリ掛かった。パトロールを見た感じ他馬と併せるとそこでスイッチが入ってしまう様で、スタートが上手い分どうしても突っ走った形に陥りやすい。前回・今回とコーナーでは比較的スムーズに控えられるので、向こう正面の短い1200m戦の方がやはり合うだろう。

あれだけ掛かって終い伸びてのレコードVなら能力は相当。JFは向こう正面がとにかく長いので距離も含めて合うかどうか。




オパールムーン

ファンタジーS2着。ノリポツンから直線一気で2着まで。手綱をキツめに引いて出していたので後方待機は決めていたみたい。ヘッドが高い所と合わせて考えるとやはり他馬を気にするのかな。こういう極端な競馬の方が、チャンスには恵まれる様に見えた。

ラブケリー

ファンタジーS3着。好スタートからスムーズに先手を取れたけど、後方からメイケイエールが凄い勢いで来るもんだから掛かってしまった。これも含めて馬の能力と言えばそれまでだけど、あれさえなければもっとタメを利かせて見せ場は作れたかも。




ヨカヨカ

ファンタジーS5着。出遅れてしまい、得意の逃先に持ち込めなかった。ハラを括って先団待機から4角外で抜け出しを図るも追ってピリッとせず。出遅れリカバリ分もあるだろうけど、まず脚が無かったと言った感じ。今回はスタートの失敗が全て。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする