アクセスランキング 【エリザベス女王杯2020】 最終追い切り所見  元馬術選手のコラム【競馬】

【エリザベス女王杯2020】 最終追い切り所見  元馬術選手のコラム【競馬】

【エリザベス女王杯2020】 最終追い切り所見

ウインマイティー

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F52.5 3F38.0 2F25.0 1F12.7

秋華賞9着。出遅れはあったけど後方待機に徹していたし、コースロスもほぼ完全に省くなど、競馬としてはかなり良い部類だった。ハイペースでの追走がちょっと堪えたのかな。4角で手応えが無かったし、この競馬で負けたんであれば、まず完敗だと思う。

ちょいと折り合いが心配に感じる気配で、もしかしたら2200mを走る上で障壁となるかも知れれないな。時計自体は速いし、後肢も上手く入って来ている。前回よりトータルでは良く見えるよ。

76点

ウインマリリン

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F68.9 4F53.5 3F38.5 1F12.2 

秋華賞15着。外から果敢に出して行ってこの馬の位置を取った積極策は見事だった。ただ、ペースが速くなってしまい4角ではもうバテているという感じだった。決め打ちの積極策がハマらなかったものなので、度外視出来るし、この馬の力を考えればここでもチャンスはある。

逆光で顔が良く見えなかったけど、少し噛んでいたか?この馬の気配としてはちょっとカリカリしている方で気分よく逃げられるかは心配にはなったな。時計は速いと感じるけど、それが持ち味の馬ではないし。

52点

ウラヌスチャーム

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F83.2 5F66.8 4F52.3 3F38.5 1F11.9 

新潟牝馬S1着。出だし一息だったけど、鞍上がムチを持ち替えた所で掛かってどんどん行ってしまった。折り合いは欠いていたけど、その分、馬場の脚元が気にならなくなったのか突っ切っての勝利。まともな競馬であまりやれていないし、積極策に活路かもしれないな。

ヘッドは高いけど、前脚の踏みだしに伸びがあるし、意欲的に好いた時計を出している。気配としてはかなり良い部類と感じる。2200mもこれなら大丈夫そう。

81点

エスポワール

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F53.7 3F38.9 2F25.3 1F12.5

新潟牝馬S2着。掛かる所もある馬だけど、タメが利けばそれなりの脚が使える馬で着に来る可能性はゼロではない。1年前に比べて折り合いはつくようになってきている様子だし、前進を。

追って伸びてはいるけど、時計は決して速くはない。頸の低伸がもう一つで、四肢だけになっているのはどうかな。動きが硬く関節が使えていない。

21点

サトノガーネット

栗東 坂路 良 水曜日  単 一杯

4F52.8 3F38.5 2F24.8 1F12.2

新潟記念4着。31.9秒を使って果敢に追い込むも前を呑み切れず4着まで。出脚の悪い馬だから、鞍上も序盤からアオらず折り合いに徹した分最後は弾けたね。反応が鈍い分、どうしても余して負けてしまうけど、仕掛け所さえ噛み合えばここでも。

ムチを入れての一杯だけど、この馬の勝負仕上げならこれ位攻めないと多分ダメ。どうしたってズブい馬だからとにかく走らせて気勢を高めていくしかない。掛かるくらいで丁度良いかも知れないし、このテンションで新しい一面を。

78点

サムシングジャスト

栗東 CW 良 水曜日  単 強め

6F85.7 5F69.1 4F54.1 3F38.9 1F12.5 

府中牝馬S3着。人気上位が掛かったり、重馬場でオーバーペース気味だったり、前進気勢が無かったりと自滅しまくったレースだったので、その中で8頭中3着に来たからと言って正直評価は出来ない。目立った脚も使っていないし、ここも厳しいと思うよ。

掛かって引いての追い切りで、当然雰囲気は良くない。普段の追い切りでもあまり掛からないし、レースでも折り合いはつく方なのでこれは意外だったね。どうかな。

5点

サラキア

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F52.6 3F38.3 2F24.7 1F12.3

府中牝馬S1着。有力所が前に行って脚を使ってくれる中、自分の競馬に徹してしまいで返す等、ハマった部分はあった。3~4角、前を捉えに勝ちに行く動きをしており、鞍上からしたら相当出応えが良かったんだと思う。冷静に進められる馬だしここもベストを。

前にいる他厩舎の馬を自発的に追撃して、前進気勢も良好だし、フォームの伸縮・低伸も申し分ない。掛かる心配はない馬だし、これ位動いている方が好気配。面白いかもしれないね。

96点

シャドウディーヴァ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F82.4 5F66.8 4F52.6 3F38.6 1F12.4 

府中牝馬S2着。ちょっと立ち上げ気味に出てしまい出遅れるハメに。このままハラを括って後方待機した判断がハマった感じだね。終始ラヴズオンリーユーをマークした競馬で、ラヴズが行けなかった分、サラキアに追い遅れた。有力所が自滅した点には留意したい。

引き続き折り合いは警戒すべきだけど、併せて競っているのも事実で一概に悪いニュアンスの走りとは捉えられない。この馬らしいと言えばらしい走りをしているし、そういう意味では平行線かも。

60点

センテリュオ

栗東 坂路 良 水曜日  単 一杯

4F52.4 3F38.1 2F24.8 1F12.4

オールカマー1着。ミッキースワローが他馬に怯んでチグハグ、カレンブーケドールがミッキーに絡まれて脚を使う等、実力馬が何かと上手く行っていない中、後方でタメに徹して直線一気に出られたのは大きかった。

時計は目一杯に追ってほぼ出せる時計を出して来た感じ。終い止まってはいるけど、馬場・単走である事を考慮すると決して悪い攻めではない。ベストは尽くせると思う。

78点

ソフトフルート

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

6F84.5 5F67.4 4F52.8 3F38.4 1F12.2 

秋華賞3着。出遅れてハラを括って最後方に待機。前が行き合って崩れてくれた分、展開に恵まれたね。良い所を通れそうだったけど、パラスアテナ坂井騎手が進路確保に動いたために外に弾かれた。4角あれだけ回しても直線っ頑張って最速上りなんだから良く戦ったと思う。

軽快なステップで後肢のグリップが利いており、この柔らかさ・手応えなら時計をもっと速くしてもフォームに乱れは出ないと思う。仕上がりは良いと思う。

80点




ノームコア

美浦 南W 良 水曜日  単 馬なり

5F66.5 4F52.3 3F39.2 1F13.2 

札幌記念1着。インコースを利して最短経路でピッタリ折り合う極上の競馬。追って素早くスピードを上げるのはマイル戦で培ったのか、一気にラッキーを交わし最後は流す余裕。実力のある馬が、展開と流れをモノにできればこれ位やれるという事じゃないかな。

推して進んでいないし、ムチを使われるほど手応えが微妙だった。ムチが入ってもピリっとしてきていないし、体を広く使えておらず前進気勢に乏しい。この馬の動きではない。悪く見える。

26点

ミスニューヨーク

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.8 3F39.2 2F24.7 1F12.0

秋華賞5着。ハイペースの中でインでタメに徹した分、消耗をかなり抑えられたし最後はバテ馬をすくって5着までに来た感が強い。展開恩恵が大きい5着で、ここもまともなら期待は出来ない。

馬場の良い時間に53.8秒を急がせ気味にして出しているのでは遅い。フットワークにバランスがついていけずノメってもいたし、これでは厳しい。

6点




ラヴズオンリーユー

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F55.9 3F39.5 2F24.8 1F11.9

府中牝馬S5着。800m付近で速度を上げる場面でヘッドアップして止まりに入っており、気分ではなさそうだった。勝馬に併せられても全然競走しようという意欲はなかったし、まぁ、こういう馬とは言え、淡泊な競馬になってしまったね。燃えにくい気質なのがネック。

ハミの取りが浅いのは毎度の事で引き続き気になる。兄のリアルスティール同様、トボけた感じで走っても11.9秒とか出して来るし能力そのものは高水準なのは確か。後は火の付きようだろう。良馬場で走り易いコンディションなら。

50点

ラッキーライラック

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F79.8 5F64.7 4F50.8 3F37.4 1F12.2 

札幌記念3着。序盤で外なり後方なりから来た馬たちに抜かれて掛かってしまったのは痛かった。とは言ってもこれはいつも見られる現象だし、敗因はもう少し他にあると思う。3角でハミを取りに一瞬行っていたけど、4角でムチ連打が入るなどいつもの行く気が無かった。

前回の追い切りからフォームが崩れていたけど、今回も直っていないばかりか前回よりも追ってヘッドアップをする等、気配は引き続きこの馬のものではない。本来の走りが出来るな…。

1点

リアアメリア

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

4F53.6 3F38.6 1F12.4 

秋華賞13着。川田騎手が序盤から座骨を着いて推して行くなど、インからの好位を積極的に狙っていた。ただ、フカしすぎてしまった上にハイペースにもなってしまい4角残り400mの所で早々と失速。決め打ちがハズれた感じだね。度外視で良いと思う。

他馬のいない時間に単走なのは相変わらずだけど、殆ど物見をする事はなくなったしやはり精神的な成長は目を引く。レースに集中できる今ならこのメンバー相手でも善戦以上の戦いが出来ると思う。自分の競馬で十分勝負になる脚は持っていると思う。

87点

リュヌルージュ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 一杯

6F79.8 5F64.7 4F50.8 3F37.4 1F12.2 

七夕賞8着。かなり馬場の荒れていた所を通っており、終い踏ん張り切れないのも致し方ない競馬にはなった。軽斤量だから馬場の悪い所も行けると思ったのかな。いずれにせよイン突きがハマっても重賞3着が一杯だし、ここでは荷が重いよ。

併せて良い気配で伸びているし、平常心も保てている。体の柔らかさが目に付くし、その分関節が使えてストライドも広い。良く見えるよ。

83点




リリーピュアハート

※追い切り映像は無し

本栖湖特別1着。ヘッドを上げて掛かり気味に運ぶところがあり、消耗がキツくならないのかな?と思う。脚はそこそこ使っているレースも多いけど、G1で通用するかどうかとは思う。あまりアテにはしていない。

ロサグラウカ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F69.2 4F54.2 3F40.2 1F12.8 

新潟牝馬S7着。中団にまで出して行くと掛かってしまうし、そのせいで余力がないためか直線で殆ど動けない。最後方待機で直線どれだけ着を上げられるかに賭ける方が良い順位に入れると思う。ここはどう乗っても苦しい。

この気配だと折り合いはつけづらいだろうな。元々能力的に厳しいと思うし、この気配で2200mは尚の事不安。後方待機でジッとしてペースが落ちつけば少しは恰好がつくかもだけど、どうか。

10点




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする