アクセスランキング 【マイルチャンピオンシップ2020】 最終追い切り所見  元馬術選手のコラム【競馬】

【マイルチャンピオンシップ2020】 最終追い切り所見  元馬術選手のコラム【競馬】

【マイルCS2020】 最終追い切り所見

アウィルアウェイ

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F53.2 3F38.2 2F25.0 1F12.6

スプリンターズS3着。大外枠からハラを括って後方待機の決め打ちからの直線一気を選択。人気薄とは言え、積極的に狙いに行った松山騎手の判断が光った。早め早めに前に行っていたらこうはなっていないだろうし、4角まで我慢に徹した鞍上に拍手。

前走時より一蹴りで進んでいるし、終いの止まり方も浅い。決して良くは見せていないけど、前回より動いているのは確か。他馬のいない時間の単走である以上、他馬との兼ね合いが気になるんだろうから、前回同様開き直りの戦術で。

71点

アドマイヤマーズ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F82.8 5F66.6 4F52.1 3F38.7 1F12.2 

スワンS3着。馬場の良い所をあまり通れず、少し消耗の発生する競馬にはなったと思う。やはり少し噛んで力んでいたし、その分最後は脚力を削がれた部分はあったと思う。よく3着に残したと思うけど、本来の力からすればもっとやれるハズ。

この時計でも全然窮屈そうにしていないし、ハミとのコンタクトもかなり柔らかい。ハツラツと動いて体がちゃんと良い意味で浮いているし、気分は良さそう。この出来なら十分力を出せる。

96点

インディチャンプ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F52.3 3F38.3 2F24.6 1F12.2

安田記念3着。直線で馬群を捌いている間に、先にグランアレグリアにアクセルを踏まれたのが差につながった。ただ、終い止まり掛けていたし、先に動けていてもどうだったかな。ロスの無いコース取りは完璧だったし。実力は十分出し切ったと思う。

ヒートアップした気配だけど、いつもの事だし毎回心配にはなるけど、結局は無難に運んでいるレースが多いし、問題ないと思う。思った通りの動きだし、状態は平行線ってヤツだろう。

70点

ヴァンドギャルド

栗東 芝 良 水曜日  単 馬なり

5F67.3 4F51.9 3F37.2 1F11.4 

富士S1着。中団から外差しを決める横綱競馬での勝利。元々末脚のある馬だから、折り合いさえつけばあれくらいやれても不思議ではない。掛かったり、出遅れたりして届かない場合もあるから注意だけど、能力そのものは高水準。

直線入って自分から加速をしているし、気配は良好。ここで一気にガッつかないで指示を待てている点も頼もしい。推してグンっとハミを取って反応の良さも見せているし、仕上がりは良好。

94点

カツジ

栗東 CW 良 水曜日  単 一杯

6F81.5 5F65.8 4F51.5 3F37.8 1F11.7 

スワンS1着。馬場のチョイスが絶妙にマッチした感じで、向こう正面を外、コーナーをイン、直線を大外と通り分けた。上りの速い展開になり、前にいられた展開分も大きいと思う。33秒台がほぼ出ない今の京都で絶好の競馬が出来た。

かなり追って行かせていたし、これは逃げそうだな。レシステンシアとの兼ね合いはあるかもだけどスンナリとハナに行けるなら。肩ムチ入る強度でこの時計はまずまずと言った所。ハミは若干浅めかな。

80点

グランアレグリア

美浦 南芝 良 水曜日  併せ 馬なり

5F64.9 4F49.7 3F36.1 1F11.7 

スプリンターズS1着。道中の追走こそ苦労した感じだったけど、中山の短い直線だけの勝負でダノンスマッシュ他をゴボウ抜きにして勝つんだから、とにかく強いとしか言いようがない。G1で直線だけの競馬で勝ててしまうんであれば、どのレースに出て来ても脅威。

前に僚馬を置いても鞍上の指示優先という感じで待てていたし、この気配ならタメは作れる。終い僚馬にリードして貰ってキチンと併入で終わらせられたし、この調教・気配で走らないワケはないと思う。驚異的なレースを期待。

100点




ケイアイノーテック

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F54.9 3F39.3 2F24.6 1F11.9

富士S3着。改善して来ているとは言え、ズブさ・エンジンの掛かりが遅く、直線で追い込んでも時すでに遅しになりやすい。重賞なら狙える存在だけど、流石にこのメンバーに混ざるとどうか。

時計は緩いにせよ、終いは自分から動く気配を見せて11.9秒。ただ、馬場状態のワリに重さが残るかな。ビッシリ追わないと味が出ない馬だからこんなモンかも。

46点

サウンドキアラ

※追い切り映像は無し

スワンS10着。コースチョイスをミスったと思う。「馬場全体に痛みが及んでいる」と発表されている今の京都で最内回して行ったのが脚力を削いだ。まともなコースを通っていれば違った様に思えるし、たまに崩れた今回はとりあえずノーカウント。




サリオス

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

5F65.0 4F50.3 3F36.8 1F12.9 

毎日王冠1着。スタート良し、折り合いほぼ良し、終い良しの3拍子揃った競馬で、完成度の高さを見せつけた。巨漢馬故にズブい所を出していた春先だけど、休み明け緒戦でもそういう所はほぼ見せなかった。手綱の感じからまだ折り合いに万全でない所はありそうではある。

僚馬がついて来れなかった分、気勢の締めきれない所はあるかも知れないけど、極上の伸縮から繰り出されるストライドは圧巻。力感というよりパワーを感じるフットワークで頑丈な外の馬場を走らせれられれば。好仕上がり。

90点

スカーレットカラー

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F81.6 5F65.4 4F51.1 3F37.7 1F12.1 

天皇賞秋9着。後方待機からイン突き一気に追う競馬でワンチャン狙うも前が崩れず9着まで。33.7秒と使っており重賞なら好勝負必至の走りだったけど、流石に相手が強すぎた。ここも格では下だろうけど、自分のカタで競馬が出来れば紛れ次第で。

僚馬を気にかけたか、少し頸の躍動が小さくこの馬の走りと言うには少し違って見えた。折り合いはつきそうだけど、柔らかみが今回は少しだけ普段よりない。実力を出せる状態に変わりはないと思う。

67点

タイセイビジョン

栗東 CW 良 水曜日  単 一杯

4F52.3 3F37.9 1F11.9 

富士S5着。まだまだ折り合いがつきづらく、道中前に行ってしまった分で持ち前の脚力が半減した。坂で苦しそうだったし、タメが作れていないとあんなモンかも知れないな。早めに動く石橋騎手とは手合いが合わないと思う。一気の競馬が出来れば前進も?

一杯だけど、決して進んでいない。追われて動く状態で自発的な動きはあまりしていないな。これだと併せて競らない可能性もあるし、このメンバーでは見劣る。

30点

ブラックムーン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 一杯

6F84.3 5F67.0 4F51.9 3F37.8 1F11.9 

関屋記念17着。後方待機で直線も全く伸びずの17着ではどう考えても見込みがない。メンバーも大幅に強化されるし、通用するワケが無い。

追って動かないと言うか、相手なりに走ってしまう所がある。まだまだやれる余地がある(から現役なんだろうけど)クチだろうけど、キッカケを掴むのはまずここではないな。

5点

ベステンダンク

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F52.6 3F38.3 2F24.7 1F12.2

スワンS8着。直線ど真ん中で進路が微妙になく、一気に追えなかった分、僅差で着順が下がった。スムーズならもう少し上に行けた走りだったと思う。歳のせいか以前より折り合いはついていたし、8歳になって一皮剥けているかもしれないな。大穴で一考アリ!?

落ち着いている。加齢で落ち着くとこんな気配になるのである意味自然体で悪い事ではない。ただ、若馬に見られる前進気勢は消えているし、この気配でここはやはりどうか。

19点

ペルシアンナイト

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F83.9 5F67.4 4F52.0 3F37.9 1F11.8 

富士S4着。折り合いはどんどんつくようになってきており、最近はインをロスなく回れる器用な競馬も出来るようになった。手綱を引きっぱなしではこういう操作は中々しづらいからね。ただ、折り合える様になった分、ハミを取らなくなっており決め手は衰えている。

やはりハミを取っていないし、追っても動きが希薄。追い切りで11.8秒までは出せても極限の末脚比べでどこまで弾けが利くか。今はマイルの馬ではないと思う。

30点

メイケイダイハード

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F52.4 3F38.4 2F24.9 1F12.4

京成杯AH15着。後方待機の4角一杯で全く出番が無かった。完全に実力不足の負け方だし、どう展開が転んでもここは無理があると思うよ。

追って頭が上がる上に、追ってフラついて前推進が出来ていない。時計こそそこそこだけどレースを上手く運べる気配ではないよ。折り合いも心配。

15点

ラウダシオン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F82.6 5F66.5 4F51.6 3F37.8 1F12.1 

富士S2着。NHKマイルカップをフロック視していたけど、前回は先行抜け出しの上手な競馬で普通に強かった。最後は勝馬のキレ脚に屈したけど、思ったより全然確りした馬。ここは挑戦者だと思うけど、スローの早仕掛けに持ち込めば或いは。

ちょっと一脚足りない感じは残るのでGⅠではやはりどうかと思う。好位で進めた所でこの脚では切れ脚自慢のマイラーを跳ね返せないと思う。苦しいか。

24点

レシステンシア

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F52.0 3F37.0 2F23.9 1F12.0

NHKマイルカップ2着。内枠から楽にハナに立つ絶好の競馬を作れた。有力馬が軒並み後方だったしハマったと思ったんだけどね。競られると脆いので脚勢が一緒だとそれだけで分が悪くなる。もう1馬身リードしていればと思うけど、穴の勝馬をシカトして運んだ分が最後で回って来た。

逃げ馬としては理想的な伸び伸びした気配で、(他馬に怯むとか無ければ)手控えも利きそうなテンションなのも良い。ペースがカギになるだろうけど、この気配ならまず気持ちよく逃げられるハズ。

86点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする