アクセスランキング マイルチャンピオンシップ2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

マイルチャンピオンシップ2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

マイルCS2020回顧




グランアレグリア

マイルCS1着。好位まで進出しても十分に折り合っていたし、本当に馬が成長したと思う。直線、意外に進路が無く追い出しが遅れたけど残り200mから仕掛けたにも関わらず、自分のタイミングで終えていたアドマイヤマーズとインディチャンプを交わしてしまうんだから、恐ろしいの一言。

余程の馬でもあのタイミングから追ったのでは追いすがっての3着が良い所のハズで、馬の能力本位での勝利だったと思う。この折り合い・この末脚、非の打ちどころがないね。




インディチャンプ

マイルCS1着。。一番上手く競馬をしたと思う。手控えて折り合いもキチンとついていたし、この馬も去年に比べて本当に成長した。直線で前が捌けている完璧なエスコートで追い出しも十分に待って、完璧な競馬だったと思う。あの競馬で追い遅れたグランアレグリアに交わされてしまったんでは相手を誉めるしかないだろう。3着のアドマイヤとの着差がクビ差だった事も考えると追い出しはもドンピシャだったし、ムダ脚は一切なかった。

アドマイヤマーズ

マイルCS3着。序盤で好位を取ってキチンと折り合えた。直線でインディチャンプにカモられる位置関係になったけど、これは結果論。極端に早追いする事もなく直線はよく後続を待ちながらタメてはいたと思うけど、どうしても上位二頭に比べて前にいて動き出しも早かった分、目標にされてしまった。

見せ場はたっぷりのレースだったし、やはりGⅠでも通用するね。折り合えていたのは収穫。




スカーレットカラー

マイルCS4着。まず岩田騎手らしい騎乗で見事だった。ゲートを出てから馬の間を縫って、決め打ちのインビタ戦術で、直線もインを果敢に突いた。絶好の場面でベステンダンクが止まってくれてスペースが出来、そこを一気に追えたね。

力量分と馬場の荒れていた分で突き抜け切れはしなかったけど、切符の良い最高のレースをしていたんじゃないかな。

サリオス

マイルCS5着。いくら何でも位置取りが他の有力所に比べて後ろすぎた。パトを見る感じ、前に行かせようと思えば行けた様だけど、控える判断をしたね。これが裏目に出たけど、ジョッキー判断だし尊重するしかない。直線シンガリから追い込んで良く伸びている分で力は感じるけど、これだけ強い所が相手だと展開に弾かれると厳しかったと言う事だろう。

レシステンシア

マイルCS8着。内枠を利して素早くハナに立つ、この馬の競馬が出来ていた。ペースがもう少し落ち着いて欲しいと言った所だろうけど、GⅠでそうそうそんな事は起こりっこない。坂で止まってしまったし、この流れをけん引するには力不足だったという事だろう。ちょっとこのメンバーでは力量が及ばなかったか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする