アクセスランキング 東スポ2歳ステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

東スポ2歳ステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

東スポ2歳ステークス2020 回顧




ダノンザキッド

東スポ杯2歳S1着。発汗が気になるほど出ていたけど、パドックでは概ね普通だったし返し馬→レースをスイッチが入って行って興奮していたものだろう。この手の馬だと折り合い面は心配になるけど、新馬戦同様手控えてギリギリ抑えが利いたし、距離は縮めなくても良いかも。

上手く競馬をした2着馬をムチを使わずに制して勝っているし、やはり能力は本物。折り合いやテンション面等、無駄をなくして行ければ更に化けると思う。年内はこれ位で良いと思うけど、どうか。




タイトルホルダー

東スポ杯2歳S2着。レインフロムヘブンとの行き合いからキツめに手綱を抑えて良くこらえた。あそこで抑えが利いたのは後々大きな武器になってくる。

前め2番手から33.9秒と必勝態勢に持ち込んだけどムチを使わず交わして行った相手が強かったね。今日はどう乗ってもダノンには勝てなかったと思う。

ドゥラヴェルデ

東スポ杯2歳S6着。インをずっと通っていたのは響いたと思う。この日は東京の内馬場は完全に死んでいて、各馬避けて通っていた。外に出す所があればまた違ったかも。4角でムチを左手に持ち替えて外を意識した様だったけど、スペースが無かったね。

最後は伸びない最内でもがいて止まって6着まで。ウチにキレ込む所があり、外にスムーズに行けない所はあるかも知れない。良馬場で再度反撃を。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする