アクセスランキング 【ジャパンカップ2020】 最終追い切り所見  1/3 アーモンドアイ・コントレイル等 元馬術選手のコラム【競馬】

【ジャパンカップ2020】 最終追い切り所見  1/3 アーモンドアイ・コントレイル等 元馬術選手のコラム【競馬】

【ジャパンカップ2020】 最終追い切り所見




アーモンドアイ

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 馬なり

5F67.9 4F52.1 3F38.1 1F12.8 

天皇賞秋1着。直線入口で早々に前が開いていたし、待ったままで追走していたんでこれは勝つなと思った。ただ、最後は詰められていたし、2,3着馬が必ずしも向いた競馬が出来ていない事を考えると、うかうかしていられないと思う。引き続き気を引き締めての臨戦に期待。

距離対策か折り合いに重きを置いて調整しきた。僚馬を抜きたがっている気持ちが出ながらも抑えは利いていたし良いと思って大丈夫だろう。この気勢ならタメさえ利けば追って十分伸びるだろうし、楽しみ。

78点

カレンブーケドール

美浦 坂路 やや重 水曜日  併せ 馬なり

4F51.5 3F37.4 2F24.5 1F12.4

オールカマー2着。残り1000M以上もある所でミッキースワローに絡まれてしまい、掛かってステイフーリッシュを抜いて一気に行ってしまった分、終いで頑張り切れなかった。スローだったとは言え、あそこから動かされて僅差2着まで粘れるんだからやはり強い。

時計は予定より0.1秒程度速い所を消化した様子。引き続き意欲的に登れているし、この時計でも余力は十分感じた。前から押し切りの利くペースならこの距離でも。折り合いは大丈夫そう。

74点

キセキ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F52.5 3F37.5 2F24.6 1F12.4

天皇賞秋5着。前で若干折り合いを欠き気味だったけど、あれくらいはご愛嬌だろう。直線はこの馬なりと行った所で、アーモンドアイ・クロノジェネシスらが交わして行っても応戦する姿勢を見せずに譲ってしまっていた。この辺はこの馬らしい走りになってしまった。

馬場が良いとは言え、この馬にしては前進気勢を感じたし、雰囲気は前回より向上している。時計には表れていないフワつきが終いに見られたけど、まずこれだけ気持ちが出ていれば前走以上。後は折り合いだね。

71点

クレッシェンドラヴ

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 馬なり

5F67.4 4F52.4 3F39.1 1F12.9 

オールカマー4着。序盤でかなり出した分か、いつもよりハミ受けが硬く掛かった感じになってしまった。頸が動かなくなってしまった分か、終いは感じた手応えに比べて浅く見えた。併せても抜き返しにも行ってないけど、これはそういう馬なのかな、と感じた。

気持ちが昂っていて前回に続いてレースで掛かりそうな感じはする。ただ、それでも自滅するほどは掛からないしあまり気にしなくても良いかも。意欲的に前伸びは出来ているし、そこは今までに無かった点。

76点

グローリーヴェイズ

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 強め

5F66.3 4F52.2 3F38.1 1F12.3 

京都大賞典1着。流石に折り合いはバッチリつく。前に馬を置いて1角~4角まで殆どロスの無いコース取りをした上に、道中もハミをある程度遊ばせて走れているんなら直線伸びるのも当然だろう。鉄壁に近い折り合いが有る上に追って鋭い脚が使える馬で、崩れにくい。

時計はこのクラスではもう一声と言った所だけど、頸の躍動幅が深く柔らかく、手前も軽快に替えているなど、気配は良い。追って素直に伸びているし状態面は良さそう。ベストは出せる。

86点

コントレイル

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F53.3 3F38.7 2F24.7 1F12.2

菊花賞1着。今までに比べると掛かって手綱の緊張が硬くなっており、3000mは適距離外だったのかなと思う。直線でアリストテレスよりも先にムチが入るなど、苦しい情勢には追い込まれたが、それでも手前を替えて抜かせなかったのは馬の実力としてか言い様がない。

拳をピッタリ固定したままで終い1F12.2秒とか時計が引き続き尋常じゃない。折り合いに不安点は残している気配だけど、前走の反省を踏まえて位置取りはするハズ。このフィジカルを活かせれば世代交代は現実的。

89点










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする