アクセスランキング 京都2歳ステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都2歳ステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都2歳ステークス2020 回顧




ワンダフルタウン

京都2歳S1着。掛かって前に行ったラーゴムを目標に折り合いをピッタリつけながら、馬場の良い所を回れた。和田騎手らしく4角は一気に外に出していたけど、坂でも止まらず伸び切っての勝利で好内容。折り合いはバッチリついていたし、これは3歳になっても活かせるハズ。




ラーゴム

京都2歳S2着。折り合いに若干心配のある馬で、序盤外からタガノカイに交わされた所で掛かりかけた。それでも道中はそこそこの気配で運べて自滅とまでは行かなかったけど、序盤で硬くなった分が終いの影響していたと思う。

それと右回りではインにモタれるのかな。フルで追えていないのも痛かった。

グロリアムンディ

京都2歳S4着。序盤の他馬がゴチャついた所でインに押し込まれてしまい、位置取りも後方になった。ハラを括ってイン突きに賭けるも、位置取りが後ろすぎたのと馬場が渋かったのも響いた。展開が向かなかったし巻き返しの余地はあると思うよ。

マカオンドール

京都2歳S3着。岩田騎手らしいインに馬を積極的に誘導するロスを省く競馬で脚をタメられた。直線も2度ほど狭くなりながらも3着まで上げているのは好騎乗があったにせよ立派なもの。重賞でも戦えるだけの力はあると思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする