アクセスランキング ジャパンカップ2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

ジャパンカップ2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

ジャパンカップ2020 回顧




アーモンドアイ

ジャパンカップ1着。迷わず好位に出られたのが勝因だろう。あの位置で競馬をしても掛からない・伸びるというのはファンでも分かっていた事だし、ましてや数々の激戦を一緒にくぐり抜けて来たこのコンビならなおさらの事。

前にグローりヴェイズ、外に4角まで持たなさそうなクレッシェンドラヴがいて、4角で空く目論見が立ったのも道中でドッシリ構えて乗れた理由の一つだろう。

荒れたインを通っているのが心配だったけど、4角でトーラスジェミニがバテて、外がオープンになった分直線は馬場のまだ良い所を通れた。結果的に最短経路で最高の競馬が出来ており、追撃してきた後輩二頭を完封。

これまでの集大成とも言える最高のレースが最後に出来たと思う。




コントレイル

ジャパンカップ2着。アーモンドアイと離れて競馬をした序盤に運命が決まってしまった。枠も近かったし、1角進入までにアーモンドアイの後ろで競馬をするチャンスはあった。ただ、菊花賞で外の馬を気にして掛かっていた以上、内の荒れた馬場状態もあいまって、外で安全策を取るのは理解できるし、そうするべきだと思っていた。2戦連続で掛かってしまうと悪癖もついてしまうし、それを回避したい気持ちもあったハズ。

折り合いを重視している中団やや後方で折り合いそのものはついたけど、アーモンドアイと離され過ぎた。4角でも前を走っていた人気薄勢が上がり切れなかった分、進出が遅れ直線勝負に。アーモンドアイ相手によく追い込んだとは言えると思うけど、前走で露呈した折り合い難をクリアするために位置取りを捨てたのに泣いた2着で、これが実力だったという事だろう。

デアリングタクト

ジャパンカップ3着。アーモンドアイをマークしながらの道中だったけど、3角進入前に荒れた馬場を嫌ったのか、アーモンドアイのマークを外して外に出した分、直線でアーモンドアイから離されての競馬になった。前にいた逃げ馬がコーナーで上がって行かなかった分、前に進出出来ず苦しい位置から追い込む事になった。良く戦ったと思うけど、脚力不足と言うかアーモンドアイ・コントレイルには今日の所は完敗と言った所だろう。

引き続き折り合いに心配は見られなかったし、このメンバー相手にこれだけやれたのであれば、王道路線でも楽しめそう。




カレンブーケドール

ジャパンカップ4着。アーモンドアイの後方を追走して折り合いも十分ついていた。4角でも最短経路で外に出せたし、好位競馬ではこの上ないレースをしていたと思う。3冠馬二頭に交わされたのは実力を考えたら致し方ないし、あの着差の4着で良く戦った。

グローリーヴェイズ

ジャパンカップ5着。大外枠から一気に内に入って1角までにほぼ最内を確保したのは見事だった。掛かる心配の殆ど無いこの馬だから出来た芸当だと思う。大外からロスを抑える競馬で、道中は見事だった。

直線、キセキを捉まえるべき・後続が来る前に行くべきと判断したのか、2番手にいたのに350mで強ムチ入れて一気に追ったのが裏目。馬が驚いて馬場の悪いインに入ってしまった上に、終いでムチを使える余力もなくなってしまい、後続に交わされた。上手く後方を警戒していれば、2・3着もあったかも知れいないな。まぁ、勝ちに行った分もあるだろう。

ワールドプレミア

ジャパンカップ6着。後方待機で折り合いに専念。終始インビタだったし、消耗を抑えて直線に賭けるワンチャン狙いの騎乗だった。直線は三冠馬3頭が一気に前に行ってから仕掛けていた位だし、手応えを見比べて着が固めに動いていた感じだね。ついて言ったらバテて6着は無かったと思うし、現状なりの競馬だったと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする