アクセスランキング 【朝日杯フューチュリティステークス2020】 最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【朝日杯フューチュリティステークス2020】 最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【朝日杯フューチュリティステークス2020】 最終追い切り所見 2/3

スーパーホープ、テーオーダヴィンチ、ドゥラモンド、バスラットレオン、ビゾンテノブファロ、ピンクカメハメハ




スーパーホープ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F83.0 5F66.8 4F52.5 3F38.8 1F12.8

デイリー杯2歳S3着。少頭数のレースだっただけに上手く回れており、実力差が出た。上位2頭と同じタイミングで追えてそれで3着敗退では、他馬がヘグらない限り勝利は遠い。

この馬の追い切りは特殊で、直線に入ったらすぐに僚馬を抜いて、そこからもう一発ムチが入るスタイルで差を拡げに来る。多分競ってヤメるから競り勝つ気分の良さと、他馬のいない所での走りを両方経験させたいんだろうな。

60点

テーオーダヴィンチ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F52.7 3F38.1 2F24.5 1F12.1

未勝利戦1着。エンジンの掛かりが遅く、直線半ばで突然ギアが入って速度を上げて勝利。器用さこそないけど、レースを使って動き所を素直に理解していれば上積みも。ちょっと悪賢いタイプで2歳にして出し惜しみを覚えていそうな気がするけどな。

ハミを当てられた所で、グンっと重心を下げて、レースで感じるような動きのヨドみは感じない。動きだけなら悪くないよ。ただ、レースの方が負荷としてはよりシンドいのでヤメてくる可能性はあるけど。

67点




ドゥラモンド

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

5F68.5 4F54.0 3F40.4 1F12.8

アスター賞1着。親父同様ゲートで浮き上がって出遅れており、スタートはまず期待できない。4角大外回しの上に、内の馬に驚いて更に外になってもノーステッキで勝っており、父同様粗削りながらも強い。未知数要素大きいだけに検討するかどうかはオッズ次第。

一週前の追い切りを見る限り、やはり他馬を相当気にする。揉まれない方が良いだろうし、そういう意味では出遅れでも良いのかも。親父はこういう粗削りでもGⅠを勝てる能力を持っていたけど、この馬がそうなのかは分からない。良くも悪くもヒタ向きに走るね。

50点

バスラットレオン

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F53.6 3F39.0 2F24.6 1F11.9

京都2歳S6着。内枠を利して前目2番手で、ペースもそんなに速くならず良い競馬に持ち込んでいたと思う。それで直線粘れず6着だとちょっと見込みが立たない。前回よりスローになればと言う事だろうけど、GⅠでそれはまずないし。

右ハミに持たれる分、少しノメるね。やはり自分からという動きでもなく、上手く伸縮の「縮」が出来ていない。脚は使って来れないと思う。

20点

ビゾンテノブファロ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

6F83.4 5F67.0 4F51.9 3F38.4 1F12.9

ベゴニア賞4着。乗り方次第では通用すると思う。他馬を気にしながら走っており、コーナーで外に張りだしたり、馬群で脚を使う事を躊躇しているので、最後方待機から大外一気に賭ければチャンスは生れる。穴をあけられる騎手に乗って貰えば或いは。

思った通り動きは決して悪くない。促されて直ぐに速力を上げて僚馬を制しており、時計から考えたら動いている部類と言えるだろう。手前を左に替えるのが早かったけど、確かにレースでも左手前の方が多い様だし、右回りの方が走るかもな。

79点

ピンクカメハメハ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F51.8 3F38.2 2F25.1 1F12.9

秋明菊賞6着。キレイに逃げられても直線で捕まってしまうし、控えて伸びるかと言われるとそういう馬でもない。まず厳しいんじゃないかな。条件戦慣れしてからの方が良いと思う。

52秒を切った分、最後は止まっていたけど、どちらかというと鞍上が止めて楽をさせてあげてた感じ。この感じだと逃げて来るかな。どこまでやれるか。

15点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする