アクセスランキング ターコイズS2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

ターコイズS2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

ターコイズS2020 回顧




スマイルカナ

ターコイズS1着。持ち前の二の脚を使って見事な勝利。春先は手控えると馬群で慌ててしまい、レースにならなかったけど今回は他馬に交わされ、後続馬に突つかれて若干雰囲気を乱しながらも終いまで走り切っており成長は感じる。




アンドラステ

ターコイズS2着。前回の大敗はイン突き詰まるだったので度外視できた。対照的に今回は序盤から勝ち馬をマークして上手く進められた。持ち前の末脚を発揮するも、勝馬に二の脚を繰り出され惜敗。十分強い競馬をして空いたと思う。あれで勝てないなら勝馬を褒めるべき。

フェアリーポルカ

ターコイズS3着。勝馬→2着馬→この馬、という隊列で位置取りこそ若干後ろだったけど、まずまず上手く運べた。4角で外に出した分着順が堅実になった印象はある。穴人気なんだからイン突きも手だったかもだけど、これは結果論。

ランブリングアレー

ターコイズS7着。外枠故に内に入れず、外がロスを貰う中山1600mでとにかく距離ロスを被った。あれでは余程力が抜けていないと勝てない。それで7着ならある意味で走っているし、悲観はあまり要らないかも。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする