アクセスランキング 朝日杯FS2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

朝日杯FS2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

朝日杯FS2020 回顧




グレナディアガーズ

朝日杯FS1着。枠の利を活かして好位につけたのはあるけど、折り合いも完璧だった。4角でハミを取っていたし、気勢も申し分なかったね。早め先頭の形だったけど7番人気ならあそこで動いて勝ち狙いに行くのも当然だろう。

一頭になってもソラを使わず坂を登っても尚伸びるなど、競馬の内容としてはかなりの上出来。十分GⅠウイナーにふさわしい競馬をしたと思う。




ステラヴェローチェ

朝日杯FS2着。序盤の出はそこそこで、ある程度の位置にはいられたハズだけどどんどん下げていき後方のインへ。他馬を気にする所は感じなかったし、タメと最短経路を通りたかったのかな。直線はノリさんらしい豪快な進路取りで、外を主張しようとするも開かないと見るや一気に内に戻して縫うように抜けて来た。

最後は勝馬に迫ったけど、さらに加速されて差を埋められなかった。結果的にもう少し前で競馬をしても面白かったのかも。

レッドベルオーブ

朝日杯FS3着。他馬に囲まれた所でガッツリ掛かってしまった。折り合い面の不安は抱えたいた馬だけど、多頭数で一気にそれが顕在化してしまった感じ。ほぼレース丸ごと掛かっていた様だし、あれだけ呼吸が頻繁になってしまったら消耗もキツくなって終い伸びないのも当然と言う事だろう。

皐月賞は延長だし、中山で混むだろうからマイル狙いに切り替えた方が良いかも。

ドゥラモンド

朝日杯FS7着。やはり他馬を気にしてしまってかなり怯んで運ぶ道中だった。掛かったのとは違って他馬の寄せに慌ててしまった感じ。これで呼吸も乱れるし最後伸びないのはやはり当然。それで7着ならまずよくやってるとすら思うよ。

外枠が欲しい馬だね。ロスがあっても良いから外。

ホウオウアマゾン

朝日杯FS9着。序盤で接触こそあったけど、気配に乱れは少なかったしあれでの負けは言い訳にもならないハズ。それ以外は好位で普通に運んでいたいし、実力負けじゃないかな。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする