アクセスランキング 有馬記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

有馬記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

有馬記念2020 回顧




クロノジェネシス

有馬記念1着。前半フィエールマンの後ろで折り合いがついたのは大きい。残り1000m手前から動いてあれだけ伸びるんでは強いの一言。ずっと手綱を取っている北村騎手だからこその判断。




サラキア

有馬記念2着。後方でタメに徹して、4角から一気に動く勝ち狙いの騎乗をしていた。道中チマチマ動いていたらああは弾けなかったと思うし、クロノジェネシスに脚勢で勝って入線なら十分力は示した。GⅠをついに勝つ事は出来なかったけど、最高の競馬・最高の騎乗をしていたと思う。

フィエールマン

有馬記念3着。外枠から前に馬を置けず、どんどん前に行ってしまった。スローだったからケンカをしないで前に行かせたという判断はあったんだろう。前半で脚を使ってしまった上に、4角ほぼ先頭で追い落とす競馬に出来なかったのは響いたと思う。

ラッキーライラック

有馬記念4着。好位で折り合いとつけてかなり上手く運んだと思う。本来、早めに動いたクロノジェネシスを逆にマーク出来る分、かなり有利な展開になったハズだけど、最後は上位馬ほどは弾けなかったね。実力は出し切ったと思う。

カレンブーケドール

有馬記念5着。ロスなく先団につけるこの馬の競馬はしていた。上位4頭とは力差があったね。結果的にもっと内側を通るなど博打を打つ必要があったかも。このメンバー相手にこれだけやれるのはやはり強いけど、どうしても直線の伸びがGⅠに届かない。

ワールドプレミア

有馬記念5着。インでロスを省く、一発狙いの騎乗。折り合いは十分ついていたし、上手い運びだったと思う。4角で人気薄2頭が壁になってしまい思うように上がって行けず、アクセルを踏み遅れる結果に。このメンバーであの競馬で5着ならやはり強いとは思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする