アクセスランキング 東京大賞典2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

東京大賞典2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

東京大賞典2020 回顧




メガパフューム

東京大賞典1着。時計のめちゃくちゃかかるかなりパサついたダートで終いまで気勢を失わずに良く走った。小柄な馬で、馬場的に合わないと思ったけどこの馬場状態でも頑張れるとはダル棒。確かに地方で好戦績の馬で、深めの砂で頑張る方が合ってるのかも知れないな。相当まじめな性格の馬なんだろう。




カジノフォンテン

東京大賞典2着。中央勢を相手に2着と大健闘。序盤から砂の被らない前に出して行けたのは大きいと思う。巨漢馬であれだけテンから動けるのなら地方ではやはり幅を利かせられるのも納得。最後は脚がアガってしまったけど、枠が内なら分からないレースに持ち込めたかも。

中央向きとは思わないけど、交流重賞では中央馬を跳ね返す存在になりそう。

ウェスタールンド

東京大賞典3着。後方待機を続けている分、馬が序盤から行かないのでどうしても後方になる。地方ではこのビハインドを跳ね返さないと行けないから大変だと思う。向こう正面で勝ち馬マークまで進出した判断は積極的で支持できるけど、あそこで脚を使ってしまったのも確か。着順的に、序盤から好位なら分からないと思えるけどね。

やはり中央で直線勝負の競馬が合っている。実力はともかく、脚質に泣いた。

ダノンファラオ

東京大賞典12着。序盤の手応えが微妙で出ムチを入れるほどだった。出ムチが裏目に出た様子で、一気に動くようになったけど、力を消耗した感じは否めない。それと序盤にムチを使ってしまうと効き目が無くなった時に一気にテンションダウンされる恐れもあるし、それが出ていなかも?という感じ。馬場が乾燥していて走りづらいのもあったのかな。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする