アクセスランキング 【京都金杯2020】 最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都金杯2020】 最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都金杯2020】 最終追い切り所見 2/3

メイケイダイハード、ラセット、レッドアネモス、レッドガラン、ロードマイウェイ




メイケイダイハード

美浦 坂路 良 1/2土曜日  単 一杯

4F50.5 3F36.8 2F23.9 1F12.0

マイルCS11着。インをキッチリ回れたし、スローの上り勝負で体力のゴマカシが利いたのが大きい。前回の様な展開になれば前進もありそうだけど、地力だけでの勝負になったとしたらやはり4角とぼとぼで苦しい。

50.5を出しても終い止まっていないのは心強い。もう一度、穴の大激走があるかも知れないな。体が流れているのはいつもの事だし、まずこの動きを額面通り評価。気が乗れば走る馬なのかも知れないし、マークしたい。

87点

ラセット

※追い切り映像は無し

リゲルS8着。上りは信頼できるのでハマれば怖い一頭。思いっきり下げて直線で一気のタイプだし、前回みたいに上り勝負になると追って届かずでそれまでになり易い。反面前崩れなら突き抜けも期待できるし、面白みはある。




レッドガラン

栗東 坂路 良 1/2土曜日  単 馬なり

4F54.2 3F38.6 2F24.8 1F12.0

リゲルS3着。スローで先手にはつけられたけど、直線で前が壁になってしまい、ムチも満足に使えず敗北。上り勝負でムチをほぼ使えず3着なら強い。まともに開いていれば勝ち負けもあっただろうし、割り増しは利く。

200m過ぎで少し促すとグンっと重心を下げて加速しており、程よい前進気勢を感じる。54秒の時計の中でキチンと緩急がつけられており、決め手を使えるだけの仕上がりになっている。やれる力はあると思う。

86点

レッドアネモス

栗東 坂路 不良 12/31 木曜日  単 馬なり

4F53.6 3F38.5 2F25.1 1F12.8

福島記念14着。距離が長かったし、ハイペース気味で前で走らせてしまったのも響いた。後方からで決まったレースだし展開がハマらなかった。出走馬では紅一点、斤量に恵まれれば或いは。スローの前めで競馬が出来れば。

追い切りは重賞馬らしく流石に動きが良く馬なり好時計。他厩舎の馬を抜いた後はフワっとしたけど、そう簡単にレースで先頭に立てないだろうし気にはしない。後は久しぶりの左回りがどうか。以前「右回りの方が良い」とは言われていたからね。

78点

ロードマイウェイ

栗東 坂路 良 1/2土曜日  単 馬なり

4F54.9 3F39.6 2F26.0 1F13.1

キャピタルS2着。末脚は結構良いものを持っているけど、最近はどうも4角で置かれてしまっており、どうしても直線で後手を踏みやすい。それを巻き返して勝てるほどかと言われると疑問だし、ちょっとアテにしづらいな。

直前の土曜日追いなので、流す程度に。息は整っていそうで問題ないと思うけど、後肢がついて来ていないのがどうか。

65点

トリプルエース

栗東 坂路 良 1/2土曜日  単 馬なり

4F55.3 3F39.5 2F25.1 1F12.5

サンタクロースH1着。ここ2戦、勝つべくして勝っており実力は確かに感じる。強い相手と戦った時に喰らい付いていけるかどうかは気勢を見る限り何ともなので、まずはここが試金石。

直前の土曜日追いなので、馬なりで流す程度なのは当然だし、仕上がっている証拠でもあるので気にはしない。時計を抑えていたとは言え、2F25.1-1F12.5と走れているなど動きは軽快そう。面白いと思うよ。

80点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする