アクセスランキング 中山金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山金杯2020 回顧




ヒシイグアス

中山金杯1着。序盤かなりゴチャつく寄せがあったけど、テンションの乱れも最小限にレースを進められたのは地味だけど大きい。流石にOP5歳牡馬上位所と言ったメンタルだった。道中は4番人気馬を前だったから比較的安心して運んでいたと思う。

4角は待ったね。中山で人気馬に乗ると4角で早めに外に出そうとするジョッキーも多いけど、コーナーの終わり寸前まで待った。その分追って一気に弾けたし、2着馬がかなり上手い競馬をしていた分を交わせた。殆ど見せムチで速度を維持していた様子だし、着差以上に強い内容。これはGⅠシーズンが楽しみ。




ココロノトウダイ

中山金杯2着。序盤のゴチャ付きで一周まるまる掛かってしまった。ここは1着馬と対象的だった。コースロスは全く省けたとは言え、あれだけ掛かっても伸びて来るんだから強いと思う。最後は相手も強かった上に騎乗も見事だったし、ほぼ納得の2着じゃないかな。

ウインイクシード

中山金杯3着。外枠から1角まででスンナリ好位を取れたのは大きい。変に焚きつけなかった分、道中もスムーズだしかなりハマった競馬が出来た。逃先が上手く行った典型的なパターンで温存は利いたけど、流石に上位2頭は強かった。こういう競馬は相手関係の兼ね合いもあるので毎回は出来ないだろうけど、上手くやれば重賞で行けるというのは大きな希望。

ディープボンド

中山金杯14着。序盤は勝馬の後ろで良い位置を取っていたんだけど、3角から置かれ始めて4角でもうムチが入るほど。斤量は言い訳にならない下がり方だった。要所で自分から進んで行かなかったし、いつもの走りでは無かった。仕上げ直して再度。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする